日本通信百科事典
Advertisement

戸賀崎氏の家紋(足利二つ引)

戸賀崎氏(とがさきし)は、陽成源氏河内源氏)流足利氏下野源氏)一門。三河国幡豆郡戸賀崎郷[1]を拠点とした(三河源氏)。庶家に三河荒川氏義清流)があった。戸ヶ崎氏とも呼ばれる。

概要[]

広沢義実の子の戸賀崎義宗を祖とする。1190年(建久元年)に[2]、義宗は下野国安蘇郡赤見郷[3]に下向した[2]。以降の戸賀崎氏は赤見郷を拠点としたという。

戦国時代に義宗の9世の孫である義氏の代になると、年老いた彼には嗣子がなく、1581年(天正9年)に女婿で家老の戸崎芳裕に後を継がせた。ここで戸賀崎氏の男系は断絶した。

江戸時代後期の剣豪の戸崎暉芳(熊太郎)は芳裕の7世の孫である。

歴代当主[]

  1. 戸賀崎義宗 : 仁木実国[4]細川義季の弟。
  2. 戸賀崎宗氏荒川満氏[5]の兄。
  3. 戸賀崎清氏
  4. 戸賀崎氏重
  5. 戸賀崎義重
  6. 戸賀崎氏元
  7. 戸賀崎輝義
  8. 戸賀崎栄義
  9. 戸賀崎義氏 : 断絶。

脚注[]

  1. 現在の愛知県西尾市戸ヶ崎町
  2. 2.0 2.1 この逸話は1184年の『水島の戦い』で戦死した祖父の矢田義清の享年を考慮すると、まだ幼少だった義宗にとっては年代的に適合せず、義宗の父の広沢義実が実施した事項であろうとされている。
  3. 現在の栃木県佐野市赤見大字
  4. 仁木氏の祖で、義俊の父。
  5. 満義頼清の父、頼直の祖父、詮頼の曾祖父、詮長の高祖父、詮宣の6世の祖、易氏(満宣)の7世の祖、満頼・易政(政宗)の8世の祖、易次(政忠。満頼の子)の9世の祖、澄宣の10世の祖、晴宣(時宣)の11世の祖、輝宗の12世の祖、珍国(いえくに)の13世の祖、直定の14世の祖、宗直の15世の祖、頼俊の16世の祖。

関連項目[]

Advertisement