日本通信百科事典
Advertisement

新田氏の家紋(大中黒一つ引き)

新田氏(にったし)は、陽成源氏河内源氏)流の武家貴族(軍事貴族)で、上野源氏の嫡流である。上野国新田郡[2](現在の群馬県太田市)を中心に拠点とした。

庶宗家の上野里見氏上野竹林氏/高林氏[3]をはじめ、庶家に世良田氏[4]合土氏(額戸氏)[5]・上野庄田氏・上野新井氏大舘氏[6]上野堀口氏[7]・谷嶋氏・上野細谷氏・下細谷氏・西谷氏・安養寺氏・上野今井氏・脇屋氏・越前島田氏(越前嶋田氏)[8]などがあった。

概要[]

源義国の庶長子の新田義重義兼父子を家祖とする。

義重は父から上野国碓氷郡八幡郷(やわたごう)[9]をも継承して、父とともに渡良瀬川対岸の浅間山噴火で荒廃していた上記の上野国新田郡を開発した。新田郡の荘官に任命された義重は新田氏を称して、新田荘と八幡荘を中心とした地域を息子たちに分配して支配体制を確立するとともに、東山道・利根川という水陸交通路や凝灰岩石材の産地であった天神山一帯を掌握して経済的な基盤を固めた。

その一方、義重は 周囲の藤姓足利氏藤原北家秀郷流)や武蔵国の丹姓秩父氏(武蔵七党)と、従子の源義賢(従兄の為義の子)と対立するが、甥である足利義兼(源姓足利氏(下野源氏)の祖の義康の子)や鎌倉義朝こと義頼(義賢の異母兄)と連携し、それらに対抗した。特に義朝の庶長子の義平に娘の祥寿姫を娶らせるなど積極的に関係を強めている。しかし、『平治の乱』で義朝が没落すると平家(六波羅氏)に接近している。

1180年8月に、伊豆国蛭ヶ小島[10]に流罪となっていた義朝の嫡子の頼朝が、信濃国木曽谷[11]では義賢の次子の木曾義仲らが京都の平家政権に対して挙兵し、『治承・寿永の乱』となる。しかし、平家に属して京に滞在していた義重は、頼朝討伐を命ぜられ東国に下った。義重は上野国八幡荘寺尾城に入城して、兵を集めながら事態を静観し、頼朝追討に加わらなかった。その後、義仲勢は上野国へ進出し、下野国足利郡[12]を本拠とする平家方の藤姓足利氏の足利俊綱と対立するが、義重は同族の武田氏甲斐源氏)の当主の武田信義と組んで、その娘を信義の嫡子の伊沢信光に娶らせて、そのまま中立を保った。一族の中には、甥の足利義兼や外孫の山名義範(足利義兼の異母兄の矢田義清の庶長子)と孫の里見義成(亡き庶長子の里見義俊の子)など、相模国鎌倉郡[13]を本拠とした頼朝のもとへ参じて挙兵に加わるものもあったが、義重自身は参陣せずに、次嫡子の義兼とその同母弟の世良田義季得川義秀)とともに静観していた。頼朝勢が坂東地方を制圧すると、同年12月に義重は鎌倉へ参内した。義重は頼朝から参内の遅さを叱責されたといわれる。

その後の平家との戦いや『奥州の戦い』にも義重が参陣したとの記録はなく、頼朝の亡き異母兄の義平の未亡人となっていた義重の娘の祥寿姫を頼朝が側室にしようとしたところ、義重がそれを拒否したため頼朝から勘気をこうむったと伝えられている[14]。1221年の『承久の乱』にも義重の曾孫の政義北条得宗家のもとに参陣せず、代官として庶家の義季流世良田氏一門が参陣している。

この経緯により、鎌倉の北条得宗家を中心に東国政権として成立した鎌倉幕府において、新田氏惣領家の地位は低いものとなった。新田氏惣領家は源家源姓鎌倉氏)の棟梁の頼朝から源氏御門葉と認められず、公式の場での源姓を称することが許されず、官位も比較的低く、受領官に推挙されることもなかった。また、逸早く頼朝の下に馳せ参じた庶宗家の源姓里見氏は独立した御家人とされ、新田氏惣領家の支配から独立して行動するようになる。その後も新田氏惣領家の所領が増えることはなく、義季流世良田氏や足利氏一門の岩松氏下野田中氏などの分割相続と所領の沽却により弱体化した。以後、上野国は新田氏一門の源姓里見氏・大舘氏上野堀口氏と足利氏一門の桃井氏渋川氏・岩松氏・山名氏の7家に分かれることになった。

上記の新田政義は、京都大番役での上京中に幕府に無断で朝廷に検非違使を要望したため、激怒した北条得宗家は政義を流罪にしようとしたが、政義の妻が族父である足利義氏(義兼の嫡子)の娘であったために、許されて京都大番役を解かれた政義は、御家人役を剥奪されて、帰郷して出家して、円福寺に隠居した。さらに新田氏惣領職は没収され、政義の従父である世良田頼氏(義季の次嫡子)が「新田頼氏」と称して、これを与えられ、義季流世良田氏とともに岩松氏が分担した。このとき、新田氏惣領家の所領が北条得宗家に渡り、得宗勢力被官が新田荘内に進出した。その後、頼氏が北条氏内の得宗家と反得宗家の争いである『二月騒動』に連座されて、佐渡国に流罪となると、惣領職が政義の子の政氏が取り返すも、幕府における新田氏惣領家の地位は非常に低いものとなり、以後は無位無官に甘んじることになった。

そのため、新田氏惣領家は、同族の足利氏惣領家(下野源氏)の庇護下に入ることになった。元々、義兼は娘の駒姫を従子の畠山義純(足利義兼の庶長子)に嫁がせ、政義は足利義氏の娘を妻として、政氏をもうけ、政氏の娘は足利家時に嫁いでいる。さらに政義の失脚以後の新田氏惣領家の歴代の当主は足利氏惣領家の通字であった「氏」を名前に入れていることである。これは新田氏惣領家は足利氏惣領家を烏帽子親として元服し、「氏」の偏諱を与えられたことで擬制的親子関係を庇護に入ったからと考えられている。そして、足利氏惣領家で「氏」を用いなかった足利高義の時代に元服したとみられる政氏の曾孫の義貞の名に「氏」ではなく「義」の字が入っていることがこの事実を裏付けている。後に義貞が討幕の兵を挙げた時のことを「源義貞ト云フ者アリ。高氏ガ一族也」[15]・「尊氏の末の一族新田小四郎義貞と云フ者」[16]と記しているのは、実は婚姻関係と烏帽子親を通じた擬制的親子関係の結果、足利氏惣領家の庶流化していた新田氏惣領家の悲惨な実態を的確に表したものであったといえる。

その一方で、義貞の時代には長楽寺再建事業を通じて、同寺の門前町で当時の地域を代表する経済都市であった世良田宿を新田氏惣領家が掌握し、後の義貞主導の討幕運動参加の基礎が築かれることになった。

鎌倉時代末期に、義貞が後醍醐天皇の倒幕運動に従い挙兵し、同族で族弟にして北条得宗家と代々の姻戚関係にあった最有力御家人で上記の高義の異母弟の足利高氏(後の尊氏)の嫡子の千寿王(後の足利義詮)を加えて鎌倉を攻め、幕府を滅亡させた。当初、鎌倉幕府の冷遇によって建武政権での新田氏惣領家の権威は同族である足利氏惣領家よりも格下に見られていたが、後に政権内部の政争により、義貞は長年の足利氏との関係を断ち切って反足利氏派・反武家派の棟梁として尊氏(高氏改め)と対立した。新田氏一門の中でも義貞とともに上京した者と鎌倉や新田荘に残った者に分かれ、前者は主に義貞に従い、後者のうち、源姓里見氏・上野大島氏・義季流世良田氏・得川氏の一派などは主として足利氏に従い北朝方となった。以後、新田氏一族は南朝方の中核を担うが楠正成とともに戦った『湊川の戦い』で敗戦した。『比叡山での戦い』の後に、義貞の庶長子の義顕とともに後醍醐天皇の皇子の恒良親王を奉じて北国に拠点を移した。しかし、越前国金ヶ崎城で足利氏一門の斯波高経と足利氏の執事の大高師泰らに敗れ、義顕は自決し、義貞自身も越前国藤島の灯明寺畷で戦死を遂げた。

義貞の戦死後、嫡子の義宗が家督を継いだ。足利氏の内乱である『観応の擾乱』に乗じて異母兄の義興とともに各地を転戦し、一時は義興が鎌倉の奪還を果たすが巻き返され、尊氏の末子で鎌倉公方の足利基氏と足利氏一門の源姓畠山氏当主の畠山国清配下の江戸高良と蒲田忠武にらによって、一族で岳父の糸井政勝(大島周防守)[17]と世良田義周(義同/左馬頭)[18]とともに武蔵国矢口渡で騙し討ちにされると、新田氏の劣勢は増すばかりとなった。義詮・基氏兄弟が相次いで没すると、義宗は越後国から従弟の脇屋義治義助の子)とともに挙兵するが、上野国沼田で関東管領の上杉憲顕配下の軍に敗れて戦死し、その後も、義宗のと一族の世良田政義の娘との間の子の貞方義邦)とその子の貞邦(貞国)や、又従弟の脇屋義則こと義隆(義治の子)などが抵抗を続けるが、鎌倉公方の軍に破れ貞方・貞邦父子は捕虜にされて、処刑された。多くの新田氏一門の抵抗も幕府が収束していった。

その一方、義興と前述の一族の糸井政勝の娘との間の子の義和は、新田郡で一族の義光流世良田氏の当主の世良田宗親・信親父子と上野細谷氏の当主の細谷房清・清房父子と大井田氏越後源氏)の当主の大井田経景・経貞父子に支えられながら、鎌倉公方の足利氏満(足利基氏の子)、または古河公方の足利成氏(氏満の曾孫)支援を受けて、新田惣領家の地位を保ちながら、足利将軍家の後盾をもった同族で足利氏一門の新田岩松家(岩松氏)と対決した。しかし、義明の代に嗣子がなく、ついに新田氏惣領家は断絶した。

歴代当主[]

  1. 新田義重足利義康の兄。
  2. 新田義兼里見義俊の弟、世良田義光世良田義季得川義秀)・合土義澄額戸経義)・義佐(義任)庄田義盛義益)の兄。
  3. 新田義房駒姫畠山義純室)の兄弟。
  4. 新田政義新井義基(重兼/覚義禅師)[19]の兄。
  5. 新田政氏大舘家氏・堀口家貞(家員)・貞氏[20]谷嶋信氏・経光・助義の兄。
  6. 新田基氏細谷国氏[21]・下細谷知信(智信)・西谷重氏・安養寺貞氏(快義入道)[22]・今井維氏[23]足利家時義忠/義忍禅師)室の弟。
  7. 新田朝氏朝兼[24]/氏光/政朝) : 満氏義政)・義量(義円)・今井維義[25][23]朝谷義秋室の兄。
  8. 新田義貞大舘宗氏室の弟、脇屋義助[26]の兄。
  9. 新田義興義顕の弟、義宗[27]・島田義峰(嶋田義央[8]の兄。
  10. 新田義和
  11. 新田義光
  12. 新田義高
  13. 新田義明 : 断絶。

脚注[]

  1. 本貫は不詳で、新田氏景・鎮実父子が著名。
  2. 新田荘とも。
  3. 庶家に上野田中氏・中里見氏・上野大島氏(庶家は大井田氏(庶家は越後大岡氏・越後羽田氏などの越後源氏)・上野篠原氏・上野糸井氏など)・鳥山氏・美濃里見氏(竹林氏/高林氏)・豊岡氏(豊前氏)・富岡氏・上野太田氏・牛沢氏・上野山本氏・仁田山氏・常陸小原氏・上野堀内氏など。
  4. 庶家に義光流世良田氏(庶家は松平氏徳川氏)など)・義季流世良田氏得川氏(庶家は因幡森本氏など)・江田氏朝谷氏常陸源氏)など。
  5. 庶家に上野長岡氏(庶家に粕川氏(糟川氏))・鶴生田氏(庶家に上野庄田氏)・亀岡氏など。
  6. 庶家に綿打氏・金谷氏・関岡氏伊賀源氏)など。
  7. 庶家に尾島氏・一井氏・亀岡氏(もとは合土氏の庶家)など。
  8. 8.0 8.1 晩年の義貞には越前国河合庄の豪族・嶋田勘右衛門の娘との間に産まれた義央(別名:島田義峰)という庶子がいたとする。また、義央は異母兄・義興と共に南朝方として活動し、兄が謀殺されると、多摩川矢口渡付近の住民の頓兵衛の娘・於舟に匿われたという(『児島高徳と新田一族』(浅田晃彦/群馬出版センター/1993年))。
  9. 現在の群馬県高崎市八幡町/安中市板鼻大字
  10. 現在の静岡県伊豆の国市
  11. 現在の長野県木曽郡木曽町
  12. 現在の栃木県足利市
  13. 現在の神奈川県鎌倉市周辺
  14. 『吾妻鏡』
  15. 北畠家伊勢源氏)の当主の北畠親房著の『神皇正統記』より。
  16. 『増鏡』
  17. 糸井義世の子、大島義政の従弟。
  18. 世良田義政の弟、義時の父。
  19. 江戸時代新井白石君義)の遠祖にあたる。
  20. 貞治・貞国の祖父、国経の曾祖父。
  21. 秀氏の父、秀国の祖父、房清の曾祖父、清房の高祖父、保房の6世の祖、為房・邦房の7世の祖、資房(為房の子)・邦氏(邦房の子)の8世の祖、資遠(義長)(資房の子)・邦通(邦氏の子)の9世の祖、資実(邦通の子)・広通(邦通の子)の10世の祖、資光(資実の子)の11世の祖、資勝の12世の祖、資信・資長(資永)の13世の祖、資政(資長の子)の14世の祖、資陳(すけつら)の15世の祖、明治時代の海軍少将の細谷資氏と資彦・資芳(すけふさ/すけみち/すけもと)父子は、その後裔という。
  22. 貞盛の父、貞兼の祖父、貞助の曾祖父。
  23. 23.0 23.1 嗣子の維清が早世したために、甥の維義を婿養子に迎えた。
  24. 『尊卑分脈』が引用する『長楽寺文書』「新田朝兼在家畠地買券」5月28日付放券・「関東下知状」8月23日付の書状より。
  25. 清義(浄蓮入道)の父。
  26. 義治の父、義則義隆)・義冬の祖父、義行・祐義兄弟(義則の子)の曾祖父。
  27. 貞方義邦)の父、貞邦(貞国)の祖父。

関連項目[]

Advertisement