日本通信百科事典
Advertisement

新田義兼像

新田 義兼(にった よしかね、保延5年(1139年) - 元久3年3月8日(1206年4月17日)[1])は、鎌倉時代の武将。通称は小新田次郎/新田小太郎。新田氏上野源氏)の第2代目の当主。

初代当主の新田義重の次子、里見義俊の異母弟、世良田義季得川義秀)の同母兄、世良田義光(新田冠者)・合土義澄額戸経義)・義佐(義任)庄田義盛義益)の異母兄、義房駒姫畠山義純室)の父。生母は同族の大和源氏一門の宇野氏の当主の宇野頼弘親弘)の娘。

概要[]

若いころから崇徳院の中宮皇嘉門院の藤原聖子(関白の藤原忠通の娘)に仕えて、皇嘉門院蔵人として任命された。数年後に父の義重とともに当初は源家の棟梁の源頼朝のもとに参陣せず「中立」を保つも挫折し、止むなく父とともに頼朝に仕えた。

その後、上野国新田荘に籠った父に代わりに、御家人として幕府に出仕している。『奥州の戦い』にも参陣したが、目立った軍功はなく、恩賞も少なかったという。義兼自身の幕府内での立場も微妙であったが、父の官位であった大炊助を受任されたという。『吾妻鏡』の記述では、同母弟の世良田義季と外甥の山名義範[2]とともに頼朝の上京に同伴したと記されている。

子の義房に35歳で先立たれて、父・義重とともに幼い孫の政義の後見人となった。しかし、すぐに父が老衰で亡くなり、義兼自身も数年後に亡き義房の後を追うように68歳で死去したという[1]

脚注[]

  1. 1.0 1.1 現存する諸系図では、正治元年(1199年)に没したとされるが、『正木文書』には元久2年(1205年)8月に惣領家である征夷大将軍の源実朝(頼朝の末子)から発給を受けた新田荘内12ヶ郷の安堵状が残っている。建保3年(1215年)3月の「将軍家政所下文』(『正木文書』)では義兼の妻に所領が安堵されていることが記されているから、1205年の8月以降に死去したと思われる。
  2. 従兄弟の矢田義清と義兼の姉妹との間の子。

関連項目[]

先代:
新田義重
新田氏第2代当主
-
次代:
新田義房
Advertisement