日本通信百科事典
Advertisement

松波氏(まつなみし)とは、日本の氏族。約2系統が存在する。

  1. 松波家藤原北家真夏流の日野家一門の烏丸家の系統である裏松家の庶家。この系統から松浪基宗が出た。
  2. 松波氏 (能登国)能登松波氏、または源姓松波氏とも呼ばれる。足利氏下野源氏)流畠山氏武蔵源氏)一門の能登畠山氏(能登源氏)の庶家。畠山義統義純)の末子の松波義智[1]を祖とする。能登国珠洲郡松波郷[2]を拠点とした。義智の6世の孫の義親と、その子の長親(長連親)義重義直)が出た[3]

脚注[]

  1. 義成の父、義遠の祖父、常重の曾祖父、義龍の高祖父、義親の6世の祖。
  2. 現在の石川県鳳珠郡能登町松浪大字
  3. 『加能城址集』「加能越文庫」

関連項目[]

Advertisement