日本通信百科事典
Advertisement

水戸氏(みとし)とは、日本の氏族。常陸国那珂郡水戸郷[1]を拠点とした。約2系統が存在する。

  1. 水戸氏 (越前国)藤姓水戸氏、あるいは越前水戸氏とも呼ばれる。藤原北家秀郷流那珂氏一門の常陸江戸氏の直系。江戸重通の子の水戸宣通[2]を祖とする。江戸時代越前国の福井松平家[3]の家老として仕えたが、曾孫の朝兼の代で嗣子がなく断絶した。同族に常陸平沢氏(常陸平澤氏)・戸村氏・常陸石田氏・鰐淵氏(鰐渕氏)・武熊氏・鳥子氏・常陸額田氏[4]・枝川氏・春秋氏などがあった。
  2. 水戸徳川家[5]源姓水戸氏常陸源氏)とも呼ばれる場合がある。徳川氏三河松平氏)流徳川将軍家(江戸徳川家)の一門で、徳川頼房を祖とする徳川御三家のひとつ。庶家に松戸徳川家・高松松平家[6]・府中松平家・宍戸松平家。守山松平家・由良松平家[7]越智松平家[8]・喜連川松平家[9]・長倉松平家などがあった。江戸幕府の第15代目の将軍の徳川慶喜(のりのぶ)・徳川氏の現当主の徳川家広はこの系統である。

脚注[]

  1. 現在の茨城県水戸市周辺
  2. 江戸通升の弟、朝祇の父、朝栄の祖父、朝兼の曾祖父。
  3. 徳川将軍家の親藩(庶宗家/御家門)。
  4. もともとは、同族の小野崎氏の庶家。
  5. 遠縁に義季流世良田氏得川氏(常陸得川氏)があるが、それと区別される。
  6. 庶家に大膳松平家(庶家に蜂須賀松平家があった)があった。
  7. はじめは同族の福井松平家一門であったが、福井松平家の男系が断絶したために、同族の水戸徳川家から婿養子を迎えた。
  8. もともとは、徳川将軍家(江戸徳川家)一門であった。
  9. 古河足利家(足利公方家)流小弓氏(小弓公方)一門の高家旗本の喜連川氏の当主の喜連川宜氏(一族の義清流長岡細川家の血統)の婿養子に松平昭縄(あきつな、徳川斉昭の子)を婿養子に迎えて、縄氏(つなうじ)と改称させた。

関連項目[]

Advertisement