日本通信百科事典
Advertisement

源 国基(みなもと の くにもと)とは、源氏陽成源氏摂津源氏)・光孝源氏)一門の人物。約3名ほど存在する。

  1. 源国基 (土佐守)源頼光頼満)の7世の孫、頼国の6世の孫、実国の玄孫、行実(生島冠者)[1]の曾孫、光行[2]の孫、行頼の子、寛基/観基(僧侶)の父。
  2. 能勢国基能瀬国基とも呼ばれる。上記の源頼光の玄孫、頼国の曾孫、多田頼綱の孫、国直(山県冠者)[3]の子、山県国政の弟、敦光の兄、国康[4]国頼・基直の父。能勢氏(能瀬氏)の祖となった。
  3. 源国基 (光孝源氏) : 光孝源氏の源公忠(ともただ/まさただ/たかただ/きみただ)の曾孫、信明[5]の孫、通理(みちさだ)[6]の子。美濃守・但馬守・備中守・若狭守を歴任した。

脚注[]

  1. 国政・行延の兄。
  2. 顕行(雅行の父)の弟。
  3. 明国・馬場仲政の弟。
  4. 頼経の父、清経の祖父。
  5. 宏平・信孝・観教(僧侶)・澄観(僧侶)・勝観(僧侶)・寛祐(僧侶)・慈慶(僧侶)の兄。
  6. 国定・国盛・方国・重文・為相の兄。
Advertisement