日本通信百科事典
Advertisement

源 国政(みなもと の くにまさ)とは、陽成源氏摂津源氏河内源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

  1. 源国政 (源実国の子)源頼光の曾孫、頼国の孫、実国の子、行実(生島冠者)[1]の弟、行延[2]の兄。
  2. 山県国政 : 通称は山県太郎/美濃太郎、「山縣国政」とも呼ばれる。源頼光の玄孫、頼国の曾孫、多田頼綱の孫、国直(山県冠者)の子、能勢国基・敦光の兄、飛騨瀬国成(飛騨瀬氏[3]の祖)・頼清・国時(福島冠者)[4]頼兼(清水冠者)の父。山県氏[5](山縣氏、美濃源氏)の祖となった。同時に従兄の馬場頼政の猶子となった。
  3. 山田国政頼清流信濃村上氏信濃源氏)一門の信濃山田氏の当主で、国継の父。官職は越中守/備中守で、信濃国荒砥城の城主。戦国時代に城代の吾妻清綱(清縄)[6]とともに支配したが、国政らは惣領家の村上義清の客将である矢沢総重(ふさしげ)[7]と対決を繰り返した。1551年4月に総重が兄の真田幸隆の援助による謀略を用いたために、子の国継をはじめ、清綱とともに滅ぼされた。

脚注[]

  1. 顕行・光行の父、雅行(顕行の子)・行頼(光行の子)の祖父、国基(行頼の子)の曾祖父。
  2. 有頼・盛隆の父、頼氏・慈賢/慈源(僧侶)兄弟(有頼の子)の祖父
  3. 美濃国加茂郡飛騨瀬郷(現在の岐阜県美濃加茂市飛騨瀬大字)を拠点とした。
  4. 美濃福島氏の祖。
  5. 美濃国山県郡(現在の岐阜県山県市)を拠点とした。
  6. 藤原北家秀郷流武蔵太田氏一門の吾妻下河辺家の当主。
  7. 別名は頼綱/頼幸、頼康・頼邦・綱頼の父。
Advertisement