日本通信百科事典
Advertisement

源 師任(みなもと の もろとう/もろただ/もろたか)とは、源氏陽成源氏村上源氏)の武将・人物。約3名ほど存在する。

  1. 福原有光 : 別称は師任。通称は三郎、/柳津源太郎/物津冠者と称した。官位は従五位下・右馬之允・安芸守。大和源氏一門の福原氏の第2代目の当主。源頼親源満仲の第2子)の孫、頼遠の子、仲重[1]の弟、家弘・光有・光頼・屋葺有遠の兄、大寺光祐・和泉光平・元光(第3代目の当主)・屋葺光任・奈目津(滑津)光房・赤坂光度・中畠光幹(光助)・坂地(坂路)有祐らの父。陸奥国の『前九年の役』で、従父の頼義に父とともに従い、父が戦死すると、その後を継いだ。戦功によって陸奥国白川郡石川郷(現在の福島県石川郡古殿町)を拝領した[2]
  2. 河内師任 : 別称は盛兼河内源氏の祖の源頼信の孫、河内冠者こと河内頼任頼佐)の子、三河口政清[3]の兄、師行の父、行任の祖父、行康の曾祖父。祖父の頼信以来からの地盤を引き継いで、代々河内国河内郡[4]を拠点とし、河内河内氏と称した[5]
  3. 源師任 (村上源氏) : 村上源氏流の源師時の子、師清・師行・師仲の弟、師基・師親の兄。主計頭に任命された。

脚注[]

  1. 盛仲・盛宗兄弟の父、親仲・宗仲兄弟(盛仲の子)の祖父。
  2. 後年の第4代目の当主の福原光義の代に、その女婿である石川光経奥州石川氏の祖、藤原維経こと家清奥州藤原氏一門)の末子)が代官として、代々石川郷を統治した。
  3. 政広の父、政景の祖父、政俊の曾祖父、胤義・俊貞兄弟の高祖父、時義の6世の祖、隆義の5世の祖、師義・隆頼・貞義・政義兄弟の8世の祖。
  4. 現在の大阪府東大阪市中河内大字
  5. 『日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 清和源氏頼任流』を参照のこと。

関連項目[]

Advertisement