日本通信百科事典
Advertisement

源 有光(みなもと の ありみつ)とは、日本の皇族・宗室あるいは宗族に属する源氏後三条源氏陽成源氏摂津源氏大和源氏))の人物。約3名ほど存在する。

  1. 有仁王 : 輔仁親王(後三条天皇の第3皇子)の第2子、信証(僧侶)の弟、行恵(園城寺別当)・仁操(僧侶)の兄、法印応仁(僧侶)の父。臣籍降下をして、「源有光」と改称した。
  2. 福原有光 : 別称は師任。通称は三郎/柳津源太郎/物津冠者と称した。官位は従五位下・右馬之允・安芸守。福原氏の第2代目の当主。源頼親源満仲の第2子)の孫、頼遠の子、仲重[1]の弟、家弘・光有・光頼・屋葺有遠の兄、大寺光祐[2]・和泉光平・元光(第3代目の当主)・屋葺光任・奈目津(滑津)光房・赤坂光度・中畠光幹(光助)・坂地(坂路)有祐らの父。陸奥国の『前九年の役』で、従父の頼義に父とともに従い、父が戦死すると、その後を継いだ。戦功によって陸奥国白川郡石川郷(現在の福島県石川郡古殿町)を拝領した[3]
  3. 肥田有光美濃肥田氏美濃源氏)の当主の肥田光時[4]の玄孫、光房(浅野次郎)[5]の曾孫、光保(浅野孫次郎/三郎)[6]の子、重光・光慶(顕智入道/浅野小三郎)の兄。

脚注[]

  1. 盛仲・盛宗兄弟の父、親仲・宗仲兄弟(盛仲の子)の祖父。
  2. 後裔に坂地義光がいる。
  3. 後年の第4代目の当主の福原光義の代に、その女婿である石川光経(奥州石川氏の祖、藤原維経こと家清奥州藤原氏一門)の末子)が代官として、代々石川郷を統治した。
  4. 土岐光衡(光長の子、国長光経の弟)の子、光行の弟。
  5. 光清(浅野太郎)の弟、光忠(浅野三郎)・光仲(三栗五郎)・光朝(浅野八郎)・光純(浅野九郎)・正智(僧侶)・願意(僧侶)の兄。
  6. 光経の弟。

関連項目[]

Advertisement