日本通信百科事典
Advertisement

源 朝氏(みなもと の ともうじ)とは、陽成源氏河内源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

  1. 若槻朝氏 : 通称は上野冠者信濃森氏信濃源氏)一門の若槻氏の当主の若槻頼隆[1]の孫、頼定[2]の子、義泰定氏頼仲)・頼泰の弟、泰朝・義定頼明信義義通[3]の兄。
  2. 大井朝氏甲斐源氏小笠原氏(信濃源氏)の祖の小笠原長清の孫、大井朝光の子、光長の弟、光遠の兄。
  3. 新田朝氏 : 通称は小太郎。別称は朝兼[4]/氏光/政朝。新田氏上野源氏)の当主の新田基氏の子、比丘尼妙蓮院(岩松政経室)の弟、満氏義政)・義量(義円)・今井維義[5]朝谷義秋室の兄、大舘宗氏室・義貞脇屋義助の父。

脚注[]

  1. 森義広の弟、茂理定隆の兄。
  2. 頼胤頼広(押田冠者)の父、胤義頼輔の祖父、義成・輔義兄弟(胤義の子)と頼繁(頼輔の子)の曾祖父、光義(義成の子)・輔忠(輔義の子)と義繁頼清家茂兄弟(頼繁の子)の高祖父、頼忠(多古次郎太郎)(頼清の子)の6世の祖、下総若槻氏の祖となる)の弟、光広親光経光・吉祥丸の兄。
  3. 義宗(笠合冠者)の父。
  4. 『尊卑分脈』が引用する『長楽寺文書』「新田朝兼在家畠地買券」5月28日付放券・「関東下知状」8月23日付の書状より。
  5. 従兄の今井維清(伯父の維氏の子)の養子となった。

関連項目[]


Advertisement