日本通信百科事典
Advertisement

源 氏清(みなもと の うじきよ)とは、陽成源氏河内源氏一門の武将。約4名ほど存在する。

  1. 若槻氏清信濃森氏信濃源氏)一門の若槻氏の当主の若槻頼定の玄孫、定氏頼仲)の曾孫、頼氏の孫、光氏の子、頼俊の父、頼師の祖父、頼長(覚三入道)の曾祖父、頼継(七郎次郎)[1]の高祖父、宗光の6世の祖、宗清の7世の祖、氏朝の8世の祖、清尚の9世の祖、清継・隆季(尚託[2]/高秀斎)の10世の祖、久俊(隆季の子)の11世の祖。
  2. 関岡氏清新田氏上野源氏)一門の大舘氏の当主の大舘宗氏の孫、氏明[3]の子、氏宗[4]の弟、義冬[5]金谷成氏[6]の兄、氏隆の父、氏元・氏則の祖父、氏光・清祐兄弟(氏則の子)の曾祖父、義実義重・実氏兄弟(清佑の子)の高祖父、義元義末兄弟(義実の子)の6世の祖。関岡氏伊賀源氏)の祖となった。
  3. 山名氏清足利氏下野源氏)流山名氏一門。山名時氏の子、師義・義理・氏冬の弟、義継・時義・時治・氏頼・氏重、義数・高義の兄、宮田時清・河口満氏・氏利・鹿野教孝・氏明・久氏・宮田時家の父。
  4. 小笠原氏興 : 別称は氏清、通称は彦五郎/与八郎、法名は泰翁入道甲斐源氏小笠原氏信濃源氏)一門の高天神小笠原家の当主の小笠原春義(春儀入道/長氏/春茂)の子、福島綱氏[7]・清広[8]義頼[9]の兄、信興(氏儀入道/長忠/氏義/氏助)の父、長慶(ながのり)の祖父。

脚注[]

  1. 碓井姓鎌倉氏流相模長江氏一門の美濃長屋氏の庶家の碓井姓森氏の祖の森可光(七郎兵衛とも、長屋国景の孫、信寿の子)の岳父。
  2. 読みは「なおより」「ひさより」。
  3. 幸氏・宗兼・氏兼・時氏の兄。
  4. 氏親の父。
  5. 氏信(満信(氏冬)・満冬の父)・義信・政房(親綱の父)・忠則(貞忠の父)の父。
  6. 族父の金谷経氏重氏(宗氏の弟)の子)の後を継ぎ、阿波国守護の細川頼之に仕えた。
  7. 遠縁筋の美濃福島氏美濃源氏)の当主の福島基綱の婿養子。
  8. 義時の父。
  9. 義信の父。

関連項目[]

Advertisement