日本通信百科事典
Advertisement

源 満政(みなもと の みつまさ)とは、陽成源氏美濃源氏河内源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

  1. 源満政 (鎮守府将軍) : 臣籍降下以前の名は「兼正王」。八島大夫(村岡大夫)と号する。元平親王の子、満仲(満明/満名)の弟、満季満実満生(みつなり)・満重(満成)[1]満快(満扶)満国[2]・行満(行頼)・行季の父)・満頼[3]・昭子女王[4]の兄、八島忠重・八島忠隆・八島忠国の父。八島氏羽島氏)の祖となった。
  2. 足利満政足利氏下野源氏)一門の足利公方家(鎌倉足利家)の祖である足利基氏の玄孫、氏満[5]の曾孫、満隆(満高)[6]の孫、満康の子。
  3. 大和満政大和氏相模源氏)一門の大和政行の子、道政・持行の兄。

脚注[]

  1. 満信の父。
  2. 為満の父、為公(ためとも/ためまさ/ためたか)の曾祖父、為平(為衡)・為快(為扶)・為邦(村上判官代)・為実・為基・為氏・為仲の祖父、為国・為高兄弟(為邦の子)・為行(為基の子)の高祖父。
  3. 兄の満季の子の養子になった。
  4. 有明親王(醍醐天皇の皇子)の娘の能子女王と同人物とする説があり、藤原兼通室(藤原北家)、顕光らの生母。
  5. 満持(持教の父)の兄。
  6. 満兼(持氏・持仲の父)・満直(みつただ)の弟、満貞満家、満房の父、満秀の祖父)・満季の兄。

関連項目[]

Advertisement