日本通信百科事典
Advertisement

源 義信(みなもと の よしのぶ)とは、日本の氏族で、源氏陽成源氏河内源氏)・宇多源氏近江源氏)・後醍醐源氏)の人物。約数名ほど存在する。

  1. 源義信 (対馬太郎)鎌倉義信とも呼ばれ、通称は対馬太郎。河内源氏の嫡流である源家相模源氏)の棟梁である源義家の孫、義親の長子、義俊義泰為義義行宗清堀江頼純(塩谷冠者)[1]の兄、義実義政義資の父、政親(義政の子)の祖父。左兵衛佐を歴任した。
  2. 源義信 (源義邦の子)源義邦の子、義継の弟、義景の兄。
  3. 石川義信義時流石川氏一門の武将。約2名ほど存在する。
  4. 若槻義信信濃森氏信濃源氏)流若槻氏一門の若槻義清の子。
  5. 平賀義信 : 別称は義宣源義光の孫で、信濃平賀氏信濃源氏)の祖・平賀盛義の子、有義・安義の弟、義広義澄(犬甘冠者)・敦義・覚義(僧侶)らの兄、大内維義[2]朝雅[3]朝信・隆信・小早川景平の父。
  6. 足利義信足利氏下野源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。
  7. 大舘義信新田氏上野源氏)の一門である大舘氏の当主の大舘義冬[4]の子、氏信[5]の弟、政房[6]・忠則[7]の兄。
  8. 武田義信武田氏常陸源氏/甲斐源氏)一門の武将。約2名ほど存在する。
  9. 佐竹義信源姓佐竹氏(常陸源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。
  10. 小笠原義信甲斐源氏小笠原氏信濃源氏)一門の高天神小笠原家の当主の小笠原春義(春儀入道/長氏/春茂)の孫、義頼[8]の子。
  11. 六角義信 : 幼名は千手丸。佐々木氏(近江源氏)流六角氏の当主の六角氏頼の子、満高の兄。18歳の若さで夭折した。
  12. 後醍院義信後醍醐天皇の皇子の懐良親王(かねながしんのう)の子の良成王(ながなりおう)こと源良宗(ながむね)の後裔で、後醍院良任(ながとう)の孫、宗重[9]の子、頼次[10]の弟。藤原南家工藤氏流相良氏から秦姓惟宗氏流島津氏の家老として仕えた。

脚注[]

  1. 維純(頼賢)の父。
  2. 信濃大内氏の祖。
  3. 北条時政の女婿。
  4. 大舘宗氏の孫、氏明(幸氏・宗兼・氏兼・時氏の兄)の子、氏宗(氏親の父)・関岡氏清義実義重の祖)の弟、金谷成氏の兄。
  5. 満信(氏冬/祐善入道)・満冬の父、持房・持員(持貞)兄弟(満信の子)の祖父。
  6. 親綱の父。
  7. 貞忠の父。
  8. 氏興(氏清とも、信興(氏儀入道/長忠/氏義/氏助)の父、長慶(ながのり)の祖父)・福島綱氏(遠縁筋の美濃福島氏美濃源氏)の当主の福島基綱の婿養子)・清広(義時の父)の弟。
  9. 法号は淡斎、幼名は松童丸。頼演(よりのぶ/よりひろ)の兄。
  10. 叔父の頼演の婿養子となった。

関連項目[]

Advertisement