日本通信百科事典
Advertisement

源 義季(みなもと の よしすえ)とは、陽成源氏大和源氏河内源氏)の人物。約数名ほど存在する。

  1. 福原義季 : 大和源氏の頼親流[1]の一門である福原氏の第5代目当主。第4代目当主の福原光義の子、義詮・石河光治(成田冠者)[2]・詮重・石川光経[3]室らの兄、光季(三郎)・基光(第6代目の当主)・光堯・光信・治光の父。父の後を継いで、福原氏の第5代目の当主となり、摂津国豊島郡福原庄(現在の大阪府豊中市)あるいは同国八部郡福原庄(現在の兵庫県神戸市兵庫区の北半分から中央区の西端付近あたり)を拠点とした。
  2. 若槻義季義隆流の若槻繁茂の子。
  3. 革島義季 : 別称は革嶋昌成。佐竹氏常陸源氏)の初代当主の佐竹昌義[4]の子、佐竹忠義(大掾忠幹)[5]国分義弘・佐竹隆義(詮義)・袋田義宗岡田親義の弟、安藝(僧侶)・義心(僧侶)の兄、義安の父。革島氏(革嶋氏)の祖となる[6]
  4. 世良田義季 : 別称は得川義秀、通称は四郎。世良田氏得川氏)の祖。新田氏上野源氏)の祖である新田義重の4男で、里見義俊世良田義光の異母弟、義兼の同母弟、合土義澄額戸経義)・義佐(義任)庄田義盛義益)の異母兄、得川頼有[7]頼氏[8]頼成[9]の父。
  5. 足利義季足利氏下野源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

脚注[]

  1. 元平親王の孫で、源満仲の次子。
  2. 美濃源氏石河氏美濃石川氏)の祖。
  3. 奥州石川氏の祖。藤原維経こと家清(奥州藤原氏の祖の清衡の庶長子、基衡の異母兄)の末子。
  4. 義光流の佐竹義業の子、山本義定、進士行義(證玄)の兄。
  5. 桓武平氏繁盛流大掾氏の養子となる。
  6. 山城国葛野郡革島(革嶋)荘(現在の京都府京都市西京区川島粟田町)を拠点とした。
  7. 下野四郎太郎、得川氏朝谷氏の祖。
  8. 世良田氏・江田氏・常陸得川氏・因幡森本氏(因幡源氏)の祖。
  9. 『徳川実紀』より。

関連項目[]

Advertisement