日本通信百科事典
Advertisement

源 義忠(みなもと の よしただ)とは、陽成源氏大和源氏/河内源氏)流の人物で、約数名ほど存在する。

  1. 源義忠 (陸奥三郎) : 通称は陸奥三郎八幡太郎義家の子で、義宗義親の弟、義国義頼)・義時義隆の兄、河内経国義行)・義高・忠宗・義清・義雄の父。叔父の新羅三郎義光と大叔父の頼政(快誉)と対決したために、義光の姉妹の婿である大掾成幹[1]に襲撃されて、絶命した。享年28。
  2. 越智義忠宇野氏一門で大和越智氏の祖である越智頼安の子、頼実(信実)・頼兼の弟、仲重・範仲の父、盛仲(仲重の子)の祖父。
  3. 石川義忠義時流石川氏一門の武将。約2名ほど存在する。
  4. 堀口義忠新田氏上野源氏)一門である堀口氏の当主の堀口貞満の孫、貞親の子、義興の父。
  5. 足利義忠足利氏下野源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。
  6. 佐竹義忠佐竹氏常陸源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

脚注[]

  1. 桓武平氏繁盛流大掾氏の一門で、平清幹の子、徳宿親幹・神谷戸保幹・鹿島政幹・林頼幹の父。吉田成幹/鹿島成幹とも呼ばれる。

関連項目[]

Advertisement