日本通信百科事典
Advertisement

源 義清(みなもと の よしきよ)とは、源氏陽成源氏宇多源氏)流の人物。約数名ほど存在する。

  1. 武田義清 : 「逸見義清」とも呼ばれる。源義光(新羅三郎)の子、佐竹義業義成)の弟、祐義[1]平賀盛義岡田親義の兄、逸見(武田)清光・方原師光・加賀美遠光(南部光行の父)・安田義定・吉田清久らの父。武田冠者。武田氏常陸源氏/甲斐源氏)の祖。
  2. 源義清 (左京権大夫)源義忠(八幡太郎義家の子)の子、河内経国義行)・義高・忠宗の弟、義雄の兄、義久の父、義高の祖父、義英の曾祖父、義泰の高祖父、義遠の6世の祖、義重の7世の祖、義俊の8世の祖。
  3. 源義清 (源義俊の子) : 上記の義忠流の義高の曾孫、義成の孫、義俊の子、義兼の父。
  4. 稲木義清 : 通称は次郎。法号は信願房定信佐竹氏(常陸源氏)の第2代目の当主の佐竹隆義(詮義)の子、佐竹義政の弟、佐竹秀義・佐竹義房(松山冠者)・南酒出季茂[2]北酒出助義[3]の兄、義保の父、実義の祖父、義繁の曾祖父。常陸稲木氏の祖となった。後に子の義保に先立たれたために、出家して親鸞に帰依した。天福元年(1233年)年に、下野国粟野鹿崎に道場を開き、覚如も立ち寄ったといわれ、慈願寺と命名した。
  5. 久慈光興 : 別名は義清、法名は光奥入道。上記の加賀美遠光の曾孫、南部氏奥州源氏)の祖の南部光行の孫、久慈朝清(七戸光清)の子、七戸光継・七戸光治の兄、継治の父、治長・治広の祖父。
  6. 若槻義清信濃森氏信濃源氏)流若槻氏一門の若槻義持の子、義長の弟、義繁の兄、義信の父。
  7. 足利義清足利氏下野源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。
  8. 新田義清新田氏上野源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。
  9. 村上義清頼清流信濃村上氏信濃源氏)の当主で、村上顕国の子、義勝・義利・義照・義邦・国清(子は景国・幸清・高国)らの父。武田信玄晴信)の宿敵のひとり。
  10. 宇野義清頼親流[4]大和源氏)の一門である宇野氏一門。義基の孫、義実の子、忠義の父、義景の祖父。
  11. 佐々木義清佐々木氏近江源氏)の当主の佐々木秀義の子、定綱・経高・加地盛綱(秀綱)・高綱の弟、厳秀の兄、政義・泰清の父。

脚注[]

  1. 法名は覚義入道、実義・実光の父。
  2. 甥の義茂を婿養子とした。
  3. 甥の季義を婿養子とした。
  4. 元平親王の孫、源満仲の次子。

関連項目[]

Advertisement