日本通信百科事典
Advertisement

源 義長(みなもと の よしなが)とは、陽成源氏河内源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。

  1. 源義長 (杭全冠者)源義時の子、義盛有義[1]石川義基義広義資の弟、義伸の父。杭全流の祖となる。
  2. 若槻義長信濃森氏信濃源氏)流若槻氏一門の若槻義持の子、義清義繁の兄。
  3. 一条義長武田氏甲斐源氏)一門の甲斐一条氏の祖の一条信長の子、頼長[2]信経信常)の兄。
  4. 足利義長足利氏下野源氏)一門の武将。約2名ほど存在する。
  5. 佐竹義長源姓佐竹氏常陸源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。
  6. 細谷資遠 : 別称は義長義永)。新田氏上野源氏)一門の上野細谷氏の祖である細谷国氏(新田政氏の子)の9世の孫、秀氏の8世の孫、秀国の7世の孫、房清の6世の孫、清房の玄孫、保房の曾孫、為房[3]の孫、資房の子、資実の父、資光の祖父、資勝の曾祖父、資信・資長(資永)の高祖父、資政(資長の子)の高祖父、資陳(すけつら)の6世の祖、明治時代の海軍少将の細谷資氏と資彦・資芳(すけふさ/すけみち/すけもと)父子は、その後裔という。戦国時代に家臣筋の小野姓横山氏一門の上野由良氏横瀬氏)に仕えたが、『小田原の役』で豊臣秀吉の攻撃を受けて降伏して、武蔵国北豊島郡北西部[4]に移住して、豪農になったという。江戸時代初期になると、子の資実は遠縁筋の徳川秀忠によって、直参旗本に採り立てられたという。

脚注[]

  1. 義資・季義の父。
  2. 長広の父、盛光の祖父。
  3. 邦房(邦氏の父、邦通の祖父、広通の曾祖父)の兄。
  4. 現在の東京都練馬区

関連項目[]

Advertisement