日本通信百科事典
Advertisement

源 親房(みなもと の ちかふさ)とは、源氏村上源氏陽成源氏河内源氏))流の人物。約3名ほど存在する。

  1. 北畠親房 : 法名は宗玄入道/覚空入道。久我家流中院家一門の北畠家伊勢源氏)の当主。北畠師重の子、実助・冷泉持房・通房の兄、顕家・顕信の父。
  2. 松平親房 : 法名は宗安入道三河松平氏徳川氏/三河源氏)の当主の松平親忠の子、乗元・親長・超誉存牛(僧侶)・長親忠次/長忠)の弟、家久張忠[1]親光・長家・乗清[2]の兄、親定・信足(のぶたり)の父。桜井松平家の祖となるが、子の親定・信足に先立たれて、甥の信定(長親の子)を婿養子に迎えた。
  3. 津川親房 : 別名は辰房斯波氏奥州源氏)流武衛氏尾張源氏)の当主の斯波義銀義親[3]の曾孫、親利(休閑入道)[4]の孫、親光(親元)[5]の子、親之(辰之)・親則(辰則/辰氏)の父、親貞(辰貞、親之の子)・親陳(ちかのぶ、辰陳、親則の子)の祖父。嗣子がなかった大叔父の親辰(辰珍)[6]の嗣養子となり、「辰房」と改称した。

脚注[]

  1. 読みは「ひらただ」。
  2. 乗遠・親正の父、乗高の祖父、乗次の曾祖父。滝脇松平家の祖。
  3. 津川義冬親治/雄光)・津川義忠の兄。
  4. 義康(大蔵入道)の弟、津川親辰(辰珍)・津川親治(親行)の兄。
  5. 親義(親良)・親昌の兄。
  6. 読みは、たつくに/たつたか/たつのり/たつたか/たつはる。
Advertisement