日本通信百科事典
Advertisement

源 頼仲(みなもと の よりなか)とは、陽成源氏摂津源氏河内源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。

  1. 能勢頼仲能瀬頼仲とも呼ばれる。多田氏流能勢氏(能瀬氏)一門の武将。約2名ほど存在する。
  2. 源頼仲 (掃部助)鎌倉頼仲とも呼ばれる。源家相模源氏)の当主の源為義の子、義朝義頼)・義賢義広義憲/義範)・頼賢の弟、為宗・為成・為朝・為仲・行家新宮十郎義盛)の兄、義嗣(頼次)の父。『保元の乱』で父と兄弟とともに大敗して、長兄の義朝直々が、後白河上皇に上奏して助命嘆願されるも、平清盛らの猛反対で叶わず、止むなく義朝の配下によって船岡山[1]で、父や兄弟らとともに処刑され、晒し首となった。刑死寸前の頼仲は、「兄上は狭量で、保身に全力を注いでおる。万が一の事があれば後悔するであろうのう」と叫んで、高笑いしていたという。
  3. 若槻定氏 : 別称は頼仲、通称は五郎次郎信濃森氏信濃源氏)一門の若槻氏の当主の若槻頼隆[2]の孫、頼定[3]の子、義泰の弟、頼泰朝氏・泰朝・義定頼明信義義通[4]の兄、頼氏の父、光氏の祖父、氏清の曾祖父、頼俊の高祖父、頼師の6世の祖、頼長(覚三入道)の7世の祖、頼継(七郎次郎)[5]の8世の祖、宗光の9世の祖、宗清の10世の祖、氏朝の11世の祖、清尚の12世の祖、清継・隆季(尚託[6]/高秀斎)の13世の祖、久俊(隆季の子)の14世の祖。後世に碓井姓鎌倉氏流相模長江氏一門の美濃長屋氏の庶家の美濃森氏は、定氏(頼仲)の後裔と仮冒した。
  4. 土岐頼仲土岐氏美濃源氏)の当主の土岐頼定頼貞)の子、頼直高頼(妙光)・乾頼里(道謙/周済)[7]舟木頼衡墨俣頼連(周崔)頼清頼宗)・頼遠の弟、長山頼基頼兼頼明・徳山貞信[8]室の兄。

脚注[]

  1. 現在の京都府京都市北区周辺
  2. 森義広の弟、茂理定隆の兄。
  3. 頼胤頼広(押田冠者)の父、胤義頼輔の祖父、義成・輔義兄弟(胤義の子)と頼繁(頼輔の子)の曾祖父、光義(義成の子)・輔忠(輔義の子)と義繁頼清家茂兄弟(頼繁の子)の高祖父、頼忠(多古次郎太郎)(頼清の子)の6世の祖、下総若槻氏の祖となる)の弟、光広親光経光・吉祥丸の兄。
  4. 義宗(笠合冠者)の父。
  5. 碓井姓鎌倉氏流相模長江氏一門の美濃長屋氏の庶家の碓井姓森氏の祖の森可光(七郎兵衛とも、長屋国景の孫、信寿の子)の岳父。
  6. 読みは「なおより」「ひさより」。
  7. 頼宣の父。
  8. 東漢姓坂上氏流徳山氏の当主。坂上貞守の後裔で、貞幸・貞長の父、貞次・貞友の祖父、貞輔の曾祖父、貞孝(貞隆)の高祖父、貞頼(則秀斎/秀現入道(『浅野家文書』))の6世の祖(『徳山元祖』『徳山家伝系図』)。

関連項目[]

Advertisement