日本通信百科事典
Advertisement

源 頼弘(みなもと の よりひろ)とは、陽成源氏摂津源氏河内源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。

  1. 源頼弘 (摂津冠者) : 通称は摂津冠者源頼光頼満)の孫、頼国の子、頼資(溝杭冠者)頼実・実国・多田頼綱・土岐国房[1]・頼仲・福島師光国仲)・頼房頼任頼佐)・富国(明円/明圓)の兄、摂津家光・明助(摩尼坊阿闍梨)の父。大叔父の頼範の養子となり、源姓摂津氏の祖となった。
  2. 多田頼弘多田氏一門の武将。約2名ほど存在する。
  3. 源親弘 : 約2名ほど存在する。
  4. 明智頼弘土岐氏美濃源氏)一門の明智氏の当主の明智頼重(頼助)[2]の6世の孫、頼篤の玄孫、国篤の6世の曾孫、頼秋の孫、頼秀の子、頼定の父。
  5. 吉見頼弘吉見氏石見吉見氏)の当主の吉見弘頼(弘政)の子、頼世・成頼[3]義宗・弘景・宗頼・為貞・成康[4]頼直[5]・弘康・為元の父。

脚注[]

  1. 土岐氏美濃源氏)の祖。
  2. 長山頼基の子。
  3. 信頼・成廉・頼直・頼成・頼興・頼安・宗頼・頼豊・頼貞(雲松入道)・頼高・頼元の父。
  4. 頼興の父。
  5. 頼宗の父。

関連項目[]

Advertisement