日本通信百科事典
Advertisement

源 頼政(みなもと の よりまさ)とは、日本陽成源氏摂津源氏河内源氏)の一門。約数名ほど存在する。

  1. 快誉 : 俗称は「頼政」、通称は「常磐五郎」。園城寺の僧侶・住職。伊予阿闍梨と号した。河内源氏の祖である源頼信の末子、頼義頼清頼季頼任頼佐/河内冠者)[1]の末弟[2]である。甥の義光と親しく、従孫である義忠(義家の3男)の暗殺を桓武平氏繁盛流大掾氏一門の大掾成幹[3]に命じている(後に成幹を殺害した)。
  2. 源頼政 (源三位)馬場頼政とも呼ばれる。法名は頼円入道/真蓮斎。多田氏一門の馬場仲政の子、明国・国直[4]の甥、小国頼行[5]・泰政・文智(僧侶)・良智(僧侶)・乗智(僧侶)の兄、仲綱頼兼[6]広綱[7]・教尊(僧侶)・散尊(僧侶)の父。1159年の『平治の乱』では、族子の義朝義頼[8]と対立して、平清盛に従いた。その功績で、従四位下を経て従三位に累進した。後に出家して、真蓮入道・三品禅門と号した。1180年、長男の仲綱が清盛の嫡子(3男)である宗盛から侮辱を受けたことから、反乱を決意した。後白河法皇の第2子あるいは第3子の以仁親王を擁立するも、清盛の4男である知盛の軍勢に大敗して、長男の仲綱とともに自決を遂げた。享年75。
  3. 土岐頼政慶政) : 土岐氏美濃源氏)一門の武将。約2名ほど存在する。

脚注[]

  1. 河内師任河内河内氏の祖)・三河口政清の父。
  2. 通常の快誉は、頼義の庶長子とされるが、頼義の嫡長子である義家の通称が「八幡太郎」とあることから、頼信の末子で頼義の異母末弟とするのが正しいとされる。
  3. 平繁盛の末裔で、大掾清幹の子、徳宿親幹・神谷戸保幹・鹿島政幹・林頼幹の父。吉田成幹/鹿島成幹とも呼ばれる。同時に佐竹義業(常陸源氏)の義兄にあたる。
  4. 山県氏(美濃源氏)の祖。
  5. 頼政の養子の兼綱の父。
  6. 頼茂・光円(みつかど)・長頼・慈賢(僧侶)の父、頼氏(頼成の子)の祖父、国頼の曾祖父。
  7. 隆綱の父、国綱の祖父、太田資国の曾祖父、丹波太田氏丹波源氏)の祖。
  8. 鎌倉氏相模源氏)の棟梁で、鎌倉頼朝の父。

関連項目[]

Advertisement