日本通信百科事典
Advertisement

源 頼明(みなもと の よりあき)とは、陽成源氏摂津源氏河内源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。

  1. 源頼明 (山城介) : 官職は山城介・出羽守。元平親王の孫、源満仲(兼名王)の子、頼光頼満)・頼親頼信頼平頼季)の弟、頼貞頼範(右近衛将監)・頼快(阿闍梨頼尋)・頼賢(源快)の兄。すぐ下の弟の頼明とともに、長兄の頼満の養子となった。
  2. 若槻頼明信濃森氏信濃源氏)一門の若槻氏の当主の若槻頼隆[1]の孫、頼定[2]の子、義泰定氏頼仲)・頼泰朝氏義定の弟、信義義通[3]の兄。生母は、遠縁筋の頼清流信濃村上氏一門の村上信村(信邨)の娘[4]
  3. 多田頼明多田氏一門の武将。約2名ほど存在する。
  4. 土岐頼明土岐氏美濃源氏)一門の武将。約2名ほど存在する。
  5. 石河和宗 : 別名は頼明石河氏美濃石川氏)一門の石河家光の子、功沢宗勲(僧侶)・光政光重[5]・和光の弟。
  6. 桃井頼明足利氏下野源氏)一門の桃井頼直の子、長頼・貞常[6]の弟、貞頼[7]・直弘の兄、直頼の父。

脚注[]

  1. 森義広の弟、茂理定隆の兄。
  2. 頼胤頼広(押田冠者)の父、胤義頼輔の祖父、義成・輔義兄弟(胤義の子)と頼繁(頼輔の子)の曾祖父、光義(義成の子)・輔忠(輔義の子)と義繁頼清家茂兄弟(頼繁の子)の高祖父、頼忠(多古次郎太郎)(頼清の子)の6世の祖、下総若槻氏の祖となる)の弟、光広親光経光・吉祥丸の兄。
  3. 義宗(笠合冠者)の父。
  4. 『尊卑分脈』
  5. 光元(光基)の父。
  6. 宗景の父。
  7. 直常(貞直)・直信・直弘の父、直和・直知・直久・直政・康儀・直藤・直光・正雲(僧侶)兄弟(直常の子)と詮信(直信の子)の祖父、直詮(直和の子)の曾祖父。

関連項目[]

Advertisement