日本通信百科事典
Advertisement

源 頼氏(みなもと の よりうじ)とは、陽成源氏摂津源氏河内源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。

  1. 摂津頼氏 : 別名は頼成頼弘流源姓摂津氏の当主の摂津時光の子、時国[1]の弟、弘国・俊光・頼実頼房)・高山頼重頼継・成国・国平(匂当冠者)・知光(国光)の兄。
  2. 源頼氏 (蔵人)源頼光頼満)の6世の孫、頼国の玄孫、実国の曾孫、行延[2]の孫、有頼[3]の子、慈賢/慈源(僧侶)の兄。
  3. 馬場頼氏 : 馬場仲政の玄孫、頼政の曾孫、頼兼の孫、頼茂[4]の子、頼明・輔頼・国頼の父。『承久の乱』で父とともに北条得宗家と対決して、後鳥羽上皇の裏切りで、父が焼身自決を遂げると近衛兵に捕縛されて、処刑された。20余歳だったと伝わる。
  4. 土岐頼氏 : 通称は石谷太郎土岐氏美濃源氏)一門の土岐国衡(石谷冠者)の孫、親衡の子。戦国時代光政(空然入道)は、その末裔である。
  5. 吉見頼氏吉見氏武蔵源氏)一門の武将。約2名ほど存在する。
  6. 若槻頼氏信濃森氏信濃源氏)一門の若槻氏の当主の若槻頼定の孫、定氏頼仲)の子、光氏の父、氏清の祖父、頼俊の曾祖父、頼師の高祖父、頼長(覚三入道)の6世の祖、頼継(七郎次郎)[5]の7世の祖、宗光の8世の祖、宗清の9世の祖、氏朝の10世の祖、清尚の11世の祖、清継・隆季(尚託[6]/高秀斎)の12世の祖、久俊(隆季の子)の13世の祖。
  7. 新田頼氏新田氏上野源氏)一門の武将。約数名ほど存在する。
  8. 足利頼氏足利氏下野源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

脚注[]

  1. 親光・良暁(僧侶)の父。
  2. 行実(生島冠者、顕行・光行の父、雅行(顕行の子)・行頼(光行の子)の祖父、国基(行頼の子)の曾祖父)・国政の弟。
  3. 盛隆の兄。
  4. 光円(みつかど)・長頼の兄。伯父の仲綱の養子となった。『承久の乱』で北条得宗家と対決して大敗した挙句に、後鳥羽上皇の裏切りで、追い詰められて焼身自決を遂げた。享年42。
  5. 碓井姓鎌倉氏流相模長江氏一門の美濃長屋氏の庶家の碓井姓森氏の祖の森可光(七郎兵衛とも、長屋国景の孫、信寿の子)の岳父。
  6. 読みは「なおより」「ひさより」。

関連項目[]

  • 馬場信春(教来石信房) : 馬場頼氏の後裔と伝わる。
Advertisement