日本通信百科事典
Advertisement

源 頼純(みなもと の よりずみ)とは、陽成源氏摂津源氏河内源氏)一門の武将。約4名ほど存在する。

  1. 堀江頼純 : 初名は鎌倉頼純、別名は頼澄、通称は陸奥七郎/堀江三郎/堀江冠者/塩谷冠者源義親の子、義信義俊義泰為義義行宗清の弟、維純(頼賢)の父。成人して下向して、塩谷荘司となって下野国下野源氏下野堀江氏(摂津堀江氏)の祖となった。妻は上野国板鼻城主・原重房の娘の弥生(由布姫)。後に彼の妻を奪うために、下野国の国司の斎藤利行[1]に唆された岳父によって、謀殺された。
  2. 土岐頼純 : 幼名は法師丸。土岐氏美濃源氏)一門の土岐頼武(政頼/頼建)の子[2]、盛頼の父。妻は斎藤道三(秀龍)の娘の帰蝶[3]。叔父の揖斐光親[4]に擁立されて、岳父の斎藤秀龍(道三)を打倒すべく挙兵したが、かえって撃退された。
  3. 喜連川頼淳 : 別名は小弓頼純。足利氏(下野源氏)流古河足利家(古河公方)一門の小弓公方の小弓義明の子、義純の弟、雪下等覚院某の兄、国朝・頼氏の父。 父の戦死後に幼少だったために、安房国安房里見氏[5]の庇護を受けて成長して、喜連川氏の祖となった。
  4. 松平頼純和歌山徳川家の祖である和歌山藩の初代藩主の徳川頼宣(頼将/頼信)の子、光貞頼長(修理)の弟、渡辺恭綱・頼路(よりみち)・頼廉・頼雄・宗直(頼致(よりむね)/頼宗)・直峯(尚峯)・頼渡(よりただ)の父。伊予国西条藩の初代藩主となった。

脚注[]

  1. 藤原北家利仁流斎藤氏一門。
  2. 『土岐家譜』
  3. 後に織田信長に嫁いで、信正を産む。信正は盛頼の異父弟にあたる。
  4. 光就の父。
  5. 丹姓平氏忠常流坂東八氏の上総氏(房総平氏)一門の海保氏の系統という。

関連項目[]

Advertisement