日本通信百科事典
Advertisement

源 頼親(みなもと の よりちか)とは、陽成源氏摂津源氏河内源氏)一門の武将。約4名ほど存在する。

  1. 源頼親 (大和冠者) : 通称は大和冠者で、大和源氏の祖。元平親王の孫、源満仲(兼名王)の子、頼光頼満)の弟、頼信頼平頼季)・頼明頼貞頼範(右近衛将監)・頼快(阿闍梨頼尋)・頼賢(源快)の兄、久留野頼成宇野頼房福原頼遠太田頼基・頼怡(よりゆき)の父。
  2. 蜂屋頼親蜂屋頼経の孫、頼俊の子。嗣子がなく、同族の土岐光定(光貞)の次子の定親(貞親)を婿養子に迎えた。
  3. 土岐頼親江戸時代前期の摂津国高槻藩の初代藩主で、明智土岐家の当主の土岐定慶(さだのり)の子、頼行・滝川利定(秀頼)・頼豊の弟、頼久の兄。
  4. 松平頼親水戸徳川家常陸源氏[1]一門の讃岐国高松藩主の松平頼聰の子、徳川義礼(義禮、よしあきら)の弟、頼寿・頼胖(よりとよ)・永井翠直の兄。

脚注[]

  1. 常陸国藤姓佐竹氏常陸藤原氏)の家老である同族の義季流常陸得川氏が存在する。

関連項目[]

Advertisement