日本通信百科事典
Advertisement

烈祖(れつそ)とは、中国の皇帝の廟号。

  1. 武帝孫堅の追号。
  2. 蜀漢)の穆帝先主)の劉備の諡号(在位:221年 - 223年)[1]
  3. トルコ系匈奴屠各(屠客)部攣鞮(虚連題)氏族の趙漢武烈帝劉豹の追号。
  4. 冉魏高帝・冉瞻(冉良)の追号。
  5. おなじトルコ系鮮卑慕容部の前燕の景昭帝の慕容儁の諡号(在位:348年 - 360年)
  6. 鮮卑乞伏部の西秦の宣烈王の乞伏国仁の諡号(在位:385年 - 388年)
  7. 鮮卑禿髪部の南涼の武王の禿髪烏孤の諡号(在位:397年 - 399年)
  8. 鮮卑拓跋部の北魏の宣武帝[2]こと太祖道武帝の拓跋珪の諡号(在位:398年 - 409年)
  9. 五代十国時代の呉の景帝・楊渥の追号。
  10. 南唐の先主の李昪の廟号(在位:937年 - 943年)
  11. モンゴル部のボルジギン氏族の直系であるキャト氏族の酋長のエスゲイ・バートル(太祖のチンギス・カーンの父)が、曾孫の元の世祖クビライより神元帝として追号された。

脚注[]

  1. 『晋書』列伝第70王弥伝。
  2. 魏書』太祖紀・『北史』魏本紀第一および、『魏書』礼志四・『北史』魏本紀第五など。

関連項目[]

Advertisement