日本通信百科事典
Advertisement

相模源氏(さがみげんじ)とは、相模国を本貫とした陽成源氏河内源氏)流の源氏の総称。約3系統が存在する。

  1. 鎌倉氏 (源氏)源家とも呼ばれ、源頼義を祖とする河内源氏の嫡流。頼義の曾孫の為義が高座郡鎌倉郷[1]を拠点として、鎌倉氏と称したことからはじまる。庶家に下野堀江氏下野源氏)・木曾氏信濃源氏)・吉見氏武蔵源氏/伊勢源氏/能登源氏/石見源氏)などがある。源頼朝(鎌倉頼朝)は源姓鎌倉氏の惣領家である。実朝(頼朝の末子)の代で嫡流は途絶えたが、頼朝の異母弟の有朝(鎌倉全成/阿野全成)の系統が、阿野鎌倉家駿河源氏)として、時元(有朝の子)・義継(時元の子)・義泰(義継の子)・頼為(義泰の子)・頼基(頼為の子)・頼房(頼基の子)・頼直(頼房の子)と、南北朝時代まで続いたが、頼直に嗣子がなく、断絶した。
  2. 大和氏盛義流信濃平賀氏(信濃源氏)の系統である小早川景平を祖とする源姓小早川氏安芸源氏)一門の備後杉原氏の庶家。大和宗平を祖とする[2]。高座郡大和郷[3]を拠点とした。同族に備後鷲尾氏・木梨氏・高洲氏などがあった。
  3. 足利氏下野源氏)のうち足利基氏を祖とする足利公方家の嫡流である。鎌倉足利家とも呼ばれる。嫡流に古河足利家(下総古河氏)[4]が、庶家に篠川足利家(奥州源氏)・稲村足利家(奥州源氏)・蔭山氏があった。惣領家の足利将軍家(室町足利家)と、たびたび対決を繰り返した。

脚注[]

  1. 現在の神奈川県鎌倉市
  2. 小早川景平の曾孫、杉原義平の孫、恒平の子、光平の兄、政平・行平の父。
  3. 現在の神奈川県大和市
  4. 庶家に小弓氏(庶家に喜連川氏があった)・上総宮原氏上総源氏)・大内足利家があった。

関連項目[]

Advertisement