日本通信百科事典
Advertisement

碓井貞光像(橙々色の衣装の人物)

碓井 貞光三浦 為義三浦 公義[1](うすい さだみつ/みうら ためよし/みうら こうぎ、954年(天暦8年)/955年(天暦9年) - 1021年(治安元年))は、平安時代中期の武将。通称は荒太郎、別称は碓氷定道ともいわれる。

遠祖は古代に相模国を支配した相武国造(武相国造)あるいは師長国造(磯長国造)の系統である大田部直[2]で、祖父は碓井貞直(碓氷定直)、父は碓井貞兼(碓氷定兼)である。子に碓井貞章(碓氷定詮)・三浦為直鎌倉景直(景章)・土肥景平ら。

概要[]

相模国足柄郡碓氷峠[3]付近で、碓井貞兼(碓氷定包)の子として生まれた[4]

成長すると京に上って、陽成源氏摂津源氏)の祖の源頼光こと頼満元平親王の孫、源満仲の子)に仕え、渡辺綱(源綱)[5]を筆頭とする頼光四天王[6]の一人となる。

貞光は伝承の『大江山の酒呑童子退治』活躍した人物として有名である。貞光は『今昔物語』には源頼光の四人あるいは三人の家来の一人として、その名が記されている[7]

伝承によると、頼光四天王は越後国から上野国にと向かう途中で、道中に野宿する事になった貞光が読経をしていると「汝が読経の誠心に感じて四万の病悩を治する霊泉を授ける。我はこの山の神霊なり…」との神のお告げがあった。そこで貞光らが周囲を調べたところ、温泉を見つけて、これを「御夢想の湯」と呼び、これが四万温泉の由来になったという。

またある時、貞光らが相模国に帰ると碓氷峠に巨大な大蛇が住み着き、人々を苦しめていた。そこで貞光は十一面観世音菩薩の加護のもと、大鎌を振るって大蛇を退治すると、碓氷山定光院金剛寺を建立し、そこに観音菩薩と大蛇の頭骨を祀ったという。

著名な童話の『金太郎』では、貞光は樵に変装して、強い人材を求めて途中で相模国の足柄山で、少年の金太郎(後の坂田金時)を見いだして、源頼光のもとへ連れて行くという役割を与えられている。

後に、家督を長子の貞章(碓氷定詮)に譲り、相模国東部の御浦郡(三浦郡)[8]を本拠地に移し、御浦氏(三浦氏)と称して、為義と改称した。晩年は出家して、公義と号した。1021年(治安元年)に68歳で没したという。

以降から貞光(為義)の子である三浦為直・鎌倉景直(景章)・土肥景平兄弟の末裔である三浦氏(御浦氏)・鎌倉氏土肥氏相模中村氏)ら一族は陽成源氏(河内源氏)の源頼義(頼光の甥)・義家父子の郎党として、『前九年・後三年役』の奥州遠征に従軍したといわれる。

家族[]

  1. 碓井貞章 : 碓氷定詮とも呼ばれ、父の後を継ぐ。その末裔の貞次(碓氷定継)は、上野国の里見義俊[10]に仕える。
  2. 三浦為直三浦氏(御浦氏)の祖となる。晩年に出家して、公俊と号する。
  3. 鎌倉景直(景章) : 相模鎌倉氏の祖となる。
  4. 土肥景平土肥氏相模中村氏[11]の祖となる。
  5. 源頼義室 : 頼義は頼光の甥で、貞光が改称した「為義」のうち「」の偏諱を与えられた人物という。彼女と頼義との間に平正済室と三島四郎親経(親孝)[12]を儲けたという。

脚注[]

  1. 『尊卑分脈』には、公義は高望王の末子・良茂の孫で、良正の子として、公雅致成致頼らを兄弟として、三浦氏鎌倉氏相模長尾氏大庭氏梶原氏)・土肥氏(中村氏)らの祖とするなど系譜の混乱が見られ、系譜上の仮冒の疑いが濃い見方がある。
  2. または太田部直とも呼ばれる。
  3. 現在の神奈川県足柄下郡箱根町宮城野
  4. 貞光自身は丹姓平氏良文の末子・忠光の子と自称(仮冒)した。
  5. 嵯峨源氏渡辺氏の当主。
  6. 筆頭の渡辺綱(源綱)・坂田金時・卜部季武など。
  7. ただし、『今昔物語』では四天王の筆頭の渡辺綱は記述されていなく、代わりに平井保昌こと藤原保昌(藤原南家)が記述されている。
  8. 現在の神奈川県三浦市
  9. 相模村岡氏の祖。
  10. 新田氏上野源氏)の庶宗家の源姓里見氏の祖。
  11. 庶家に相模土屋氏相模二宮氏・相模新開氏・播磨肥田氏相模小早川氏などがある。
  12. 親清(四郎三郎)の父。

関連項目[]

Advertisement