日本通信百科事典
Advertisement

福原 義光(ふくはら よしみつ)とは、大和源氏福原氏一門の武将。約2名ほど存在する。

  1. 福原義光 (福原時光の子) : 第13代目の当主の福原時光の長子、義基(貞光の養子)・光春・光俊・光時・光定(光幹)・光久・光輝(光照)の父、奥州石川氏の当主の石川詮持[1]の岳父。第14代目の当主である従兄の貞光とともに北条得宗家に仕えたが、後に父の命で遠縁筋の新田義貞に呼応して、おなじく遠縁筋の足利尊氏高氏)に従い、京の六波羅の北条得宗家を攻め滅ぼした。その後は北朝方の尊氏に引き続き従って、『湊川の戦い』に参戦し、『比叡山坂本の戦い』にて、名和長年の軍勢と奮戦して、壮絶な戦死を遂げた。
  2. 坂地義光 : 第3代目の当主の福原有光の10世の孫、大寺光佑の9世の孫、坂地光重の6世の孫、光広[2]の孫、光兼の子、光末の兄。

脚注[]

  1. 福原氏の第3代目当主の有光の女婿の石川光経藤原維経奥州藤原氏基衡の異母兄)の末子)の末裔、石川師宜の子。
  2. 族父の坂地光行の婿養子となった。

関連項目[]

Advertisement