日本通信百科事典
Advertisement

章帝(しょうてい)とは、中国の皇帝の諡号である。約3名ほど存在する。

  1. 章帝 (漢) : 廟号は粛宗。姓諱は劉煊(劉烜/劉炟)。後漢の顕宗明帝(劉荘/劉陽)の子、千乗哀王の劉建・陳敬王の劉羨・彭城靖王の劉恭・楽成靖王の劉党の弟、下邳恵王の劉衍・梁節王の劉暢・淮陽頃王の劉昞・済陰悼王の劉長の兄、千乗貞王の劉伉[1]・江夏恭王の劉余劉餘[2]・清河孝王の劉慶・和帝(劉肇)・済北恵王の劉寿劉壽)・河間孝王の劉開・城陽懐王の劉淑・広宗殤王の劉万歳の父。
  2. 北魏(代魏)トルコ系鮮卑拓跋部の大人の拓跋悉鹿の追号。
  3. 天錫帝燕漢)の皇族である北遼の初代皇帝である宣宗の耶律涅里(劉淳)[3]の諡号。

脚注[]

  1. 楽安夷王の劉寵(劉伏胡)の父、勃海孝王の劉鴻・平原哀王の劉得・清河恭王の劉延平兄弟の祖父、質帝(劉纉)・尉氏侯の劉蒜の曾祖父。
  2. 『後漢書』55巻「章帝八王伝」では、夭折したとされる平春悼王劉全。劉余=劉餘(劉全)自身は早世したが、その庶子の竟陵侯の劉某が益州牧の劉焉劉璋父子の祖となった。
  3. 北遼の最後の皇帝の英宗顕武帝(耶律朮烈)の従兄。
Advertisement