日本通信百科事典
Advertisement

篠田氏の家紋の「繋馬[1]

篠田氏(しのだし)とは、日本の氏族である。信田氏/信多氏/信太氏[2]とも呼ばれる。丹姓平氏良将流将門の嫡子・将国[3]を祖として、常陸国信太郡[4]を本拠地とする常陸平氏でもある。篠田氏の歴代当主の通称は「小次郎(小太郎)」である。

概要[]

940年(天慶3年)2月に、「新皇」と称して、反乱を起こした将門は母方の従兄である桓武平氏貞盛繁盛良盛(良正/兼任)兄弟と下野掾・藤原秀郷[5]藤原北家魚名流)と藤原為憲(藤原南家)によって討たれて、『平将門の乱』[6]は鎮圧された。

将門の嫡子の将国は、大叔父の良文と家老で上記とおなじ藤原北家山蔭流の藤原国豊[7]清名[7]父子の庇護を受けて、藤原連国[8]を随伴に加えて、将兵や乳母らとともに常陸国信太郡浮島郷[9]まで落ち延びた。

その後の将国は、同国信太郡荒川沖[10]を本拠地として、大叔父の良文らに奉じられて亡父の後を継いで「二代新皇」を称して再興を図るも、母方の従父の繁盛・良盛兄弟と族兄の維叙(貞盛の長子)と抗争を繰り返した。

後に将国が逝去して、子の文国(忠国)が後を継ぐと、文国は本拠地の地名をちなんで、篠田氏と称した。文国が逝去すると子の将長(将永)[11]が後を継いだ。将長が逝去すると子の重国が後を継いだ。重国は同族の千葉常兼[12]の庇護を受けて、父祖の地である下総国相馬郡に住居できた[13]。重国が逝去すると子の胤国(常国)が後を継いだ。胤国が逝去すると子の師国が後を継いだ。

しかし、師国の子・胤富が父に先立って夭折したため、親戚であり師国の女婿である相馬師常(師胤)[14]が師国の後を継いだが、彼は篠田氏とは称せず坂東八氏千葉氏)の庶家である相馬氏の祖となった[15]。そのため、将門流篠田氏は断絶した。

篠田氏歴代当主[]

  1. 平将国(将門の嫡子)
  2. 篠田文国(忠国) : 実質上の篠田氏初代
  3. 篠田将長(将永)
  4. 篠田重国
  5. 篠田胤国(常国)
  6. 篠田師国
  7. 篠田胤富:夭折
  8. 相馬師常師胤 : 師国の婿養子。相馬氏の祖で、実質上の篠田氏は断絶

脚注[]

  1. 相馬氏の家紋と混同されることもある。
  2. 紀姓も存在し、一門の常陸菅谷氏の庶家の戸崎氏の直系で、江戸時代末期の戸崎暉芳はその後裔である。
  3. 幼名は万寿丸。将門の次男あるいは3男(『奥相秘鑑』)で、生母は犬養春枝の孫娘(『尊卑分脈脱漏』『坂東諸流綱要』など)という。
  4. 現在の茨城県土浦市/牛久市/稲敷市などの霞ヶ浦周辺。
  5. 貞盛の母方の叔父にあたる(『系図纂要』)。
  6. 『承平天慶の乱』とも呼ばれる。
  7. 7.0 7.1 それぞれ、藤原山蔭の孫・曾孫、仲正の子・孫にあたる。
  8. 藤原玄明の子、常陸伊佐氏の祖で伊佐連国とも呼ばれる。
  9. 現在の茨城県稲敷市桜川村浮島大字
  10. 現在の茨城県稲敷郡阿見町
  11. 将長には弥四郎という弟がいた。
  12. 良文流千葉氏の初代当主の惣領家。
  13. 子の胤国の代とする説もある(相馬則胤著『御家伝書』)。
  14. 千葉常胤(常兼の孫)の次子。
  15. 後世では、将門が相馬小次郎と称したことから、将門が相馬氏の祖とする傾向があったが、これはあきらかに誤りである。

関連項目[]

Advertisement