日本通信百科事典
Advertisement

糸井氏(いといし)とは、日本の氏族。約4つの系統が存在する。陸奥国[1]下野国[2]などにも異流がある。

  1. 糸井氏 (上野国)上野糸井氏とも呼ばれる。新田氏上野源氏)流源姓里見氏一門の上野大島氏の庶家。同族に大井田氏越後源氏)・上野篠原氏があった。上野国勢多郡糸井郷[3]を拠点とした。この系統から糸井政勝(大島周防守)[4]が出た。義和流の末裔とされる人物がコピーライター・エッセイストの糸井重里[5]という。
  2. 糸井氏 (但馬国)但馬糸井氏とも呼ばれる。日下部姓の糸井国造を祖とする。但馬国養父郡糸井郷[6]を拠点とした。
  3. 糸井氏 (丹後国)丹後糸井氏とも呼ばれる。系統不詳。丹後国熊野郡糸井郷[7]を拠点とした。阪神タイガースの糸井嘉男はその末裔という。
  4. 糸井氏 (備後国)備後糸井氏とも呼ばれる。系統不詳。備後国三谿郡糸井郷[8]を拠点とした。戦国時代毛利氏に仕えた。

脚注[]

  1. 陸奥国信夫郡飯坂郷天王寺村(現在の福島県福島市飯坂町天王寺)を拠点とした。
  2. 下野国下都賀郡市羽郷笹原田村(現在の栃木県芳賀郡市貝町笹原田大字)を拠点とした。
  3. 現在の群馬県利根郡昭和村糸井大字
  4. 糸井義世の子、大島義政の従弟、惣領家の新田義興の岳父。
  5. 通常は「しげさと」であるが、「しげまさ」とも呼ばれる場合もある。
  6. 現在の兵庫県朝来市和田山町糸井地区
  7. 現在の京都府京丹後市糸井大字
  8. 現在の広島県三次市糸井町

関連項目[]

  • 糸井政勝(大島周防守)
  • 糸井重里(しげさと/しげまさ)
Advertisement