日本通信百科事典
Advertisement

美濃源氏(みのげんじ)とは、日本美濃国を本拠とした陽成源氏摂津源氏河内源氏など)流一門の総称。幾多かの系統がある。

  1. 八島氏羽島氏とも呼ばれる。陽成源氏満政流[1]の系統である。平安時代中期に満政(兼正王/八島大夫)が美濃国方県郡八島郷(現在の岐阜県羽島市/大垣市八島町/岐阜市八島町)を本拠地して、その末裔は八島氏と称した[2]。庶家は美濃木田氏[3]美濃山田氏[4]加茂氏[5]美濃岡田氏[6]美濃古田氏(開田氏/改田氏)[7]竹中氏[8]飯富氏(飫富氏)[9]などがある。
  2. 土岐氏[10] : 摂津源氏頼光流。平安時代末期~鎌倉時代初期あたりに、源頼光(頼満)の7世の孫の光衡(美濃三郎)が美濃国土岐郡(現在の岐阜県土岐市周辺)を拠点して土岐氏と称した。鎌倉時代には御家人として勢力を持ち、南北朝時代には北朝方として室町幕府の設立に貢献したことで、美濃の守護となる。第10代目の当主の持益の子の持兼[11]が父よりも先立ったために、庶家であり持益の従弟の佐良木光俊[12]の子[13]である成頼(宗安入道)[14]を養子に迎えた[15]。以降は、美濃国を中心に美濃肥田氏饗庭氏多治見氏[16]美濃高田氏美濃笠毛氏蜂屋氏[17]美濃原氏[18]江戸崎氏常陸源氏[19]万喜氏上総源氏[19]美濃舟木氏[20]美濃乾氏墨俣氏美濃長山氏久々利氏揖斐氏明智氏(明智土岐家)・美濃岩手氏[21]妻木氏[22][23]惟任氏(惟住氏)[22]美濃不破氏[24]鷲巣氏大桑氏[25]佐良木氏[26]小里氏各務氏世保氏伊勢源氏)・美濃島田氏(美濃嶋田氏)一色土岐家梶川氏などの庶家がある。戦国時代土岐頼芸の代に氏素性不詳の家臣・斎藤道三[27]の下克上により、土岐氏は没落したが、傍系の明智氏一門の明智定政[28]が、遠縁筋の徳川家康に仕えて、土岐氏を再興するために大名となって「土岐定政」と改称して、上記にある明智土岐家の祖となった。この系統は惣領家の頼芸系とは別に繁栄した。
  3. 山県氏山縣氏とも呼ばれる。上記と同じく摂津源氏頼光流多田氏の庶家。平安時代後期に上記の頼光の玄孫の山県国政が、美濃国山県郡(現在の岐阜県山県市)を本拠地としたことで、その末裔は山県氏と称した。同族に摂津福島氏[29]など、庶家に美濃小島氏[30]・彦坂氏[31]美濃福島氏[32]などがある。さらに、上記の蜂屋氏はもともとは山県氏の庶家だったが、頼親の代に嗣子がないために同族の土岐光定光貞)の次子の定親(貞親)を婿養子を迎えて、土岐氏一門となった(上記の美濃原氏も美濃不破氏も同様である)。
  4. 飛騨瀬氏 : 上記の山県氏の庶宗家。美濃国加茂郡飛騨瀬郷(現在の岐阜県美濃加茂市飛騨瀬大字)を拠点とした。上記の国政の庶長子の国成(飛騨瀬太郎)を祖とする。
  5. 美濃関氏 : 上記の山県氏(山縣氏)一門の美濃福島氏の庶家で、美濃国武儀郡関郷(現在の岐阜県関市)を拠点とした。江戸時代初期に碓井姓鎌倉氏流相模長江氏の長屋氏の庶家の尾張森氏の最後の当主の重政・虎松・忠広兄弟に嗣子がなく、外甥の関家継を養子に迎えて、森長継として美濃関氏の庶家の美濃森氏の祖となった。
  6. 田代氏美濃田代氏下野田代氏)とも呼ばれる。上記の山県氏の同族で、田代頼成を祖とする。美濃国多芸郡嶋田郷田代神社(現在の岐阜県養老郡養老町嶋田大字田代神社)を発祥地として、後に下野国那須塩原を拠点とした。
  7. 石河氏美濃石川氏とも呼ばれる。大和源氏福原氏の庶家。美濃国厚見郡市橋庄石河村(現在の岐阜県岐阜市市橋大字)を拠点とした。
  8. 河内源氏の義綱流山城国葛野郡石橋庄[33]を発祥地として、後に美濃国を拠点とした(美濃石橋氏を参照)。
  9. おなじく河内源氏の義隆流信濃森氏を参照)。
  10. 美濃佐竹氏美濃長山氏) : 源姓佐竹氏常陸源氏)の当主の佐竹秀義の子の北酒出季義の孫の長山定頼[34]を祖とする。『承久の乱』で北条得宗家に従って、戦功を挙げたために美濃国を賜った。室町時代に室町幕府奉公衆をつとめた義尚戦国時代の基親[35]はその後裔である。
  11. 美濃里見氏新田氏上野源氏)流源姓里見氏の庶家。美濃竹林氏高林氏)とも呼ばれる。里見義成の子の義直を祖とする。義直の6世の孫の義宗の代に『観応の擾乱』で足利直義高国尊氏高氏)の同母弟)に従ったが、直義が兄・尊氏に敗北したために義宗は美濃国の所領を没収され、子の為俊(掃部頭)とともに没落した。
  12. 美濃畠山氏足利氏下野源氏)流畠山氏武蔵源氏)一門の畠山義生(よりなり)を祖とする。

脚注[]

  1. 元平親王の次子、源満仲の次弟。
  2. 丹姓平氏良兼流長田氏一門の浦野氏の系統である葦敷氏を中心に尾張山田氏(庶家に尾張岡田氏・足助氏)・尾張木田氏・小河氏(庶家に水野氏・毛受氏)・平野氏(三河平氏の大浜氏・永井氏は除く)の諸氏は、満政流八島氏の系統と自称(仮冒)した(『古代氏族系譜集成』(宝賀寿男/古代氏族研究会/1986年)による)。
  3. 同国同郡木田郷(現在の同県岐阜市木田大字)を拠点とした。
  4. 同国土岐郡山田郷(現在の同県瑞浪市山田町)を拠点とした。
  5. 同国加茂郡(現在の岐阜県美濃加茂市)を拠点とした。
  6. 美濃山田氏の庶家で、美濃国大野郡岡田郷(現在の岐阜県揖斐郡揖斐川町岡田大字)を拠点とした。
  7. 美濃木田氏の庶家で、美濃国大野郡(席田郡)古田郷(現在の岐阜県本巣郡古田地区)を拠点とした。
  8. 美濃木田氏の庶家で、美濃国美濃国不破郡岩手郷竹中村(現在の岐阜県不破郡垂井町竹中大字)を拠点とした。
  9. 満政の7世の孫、忠重の6世の孫、定宗の玄孫、重宗の曾孫、重時の孫、季遠の子の季貞・宗季父子が甲斐国巨摩郡飯富郷(現在の山梨県南巨摩郡中富町/身延町飯富大字)を拠点としたことから、飯富氏と称した(甲斐源氏)。
  10. 土岐氏は、頼光(頼満)の後裔である光衡が美濃国の土着の豪族の礪杵氏(ときし)の一族の末裔の女性を娶って、土岐光行(惣領家)・肥田光時(美濃肥田氏の祖)らを儲けることによってはじまった。
  11. 氏慶(植村次郎)の兄、教益(幼名は亀寿丸、持兼の子)の父。
  12. 持益の叔父・大桑頼名(駿河守)の第3子、益貞(掃部助)の兄。
  13. 東大史料編纂所所蔵の『依田・山名・土岐系図』(1883年(明治16年)の内務省地誌課所蔵本)が引用する『土岐系図』(『子爵家本』・『徳山本』・『阿子田家蔵』)より。
  14. 成頼の生母は、三河国守護の足利氏下野源氏)一門の一色義遠義政/義枚(よしひら)/饗庭元明)の娘である。
  15. 『美濃明細記』『土岐累代記』より。
  16. 饗庭氏の庶家。
  17. もともとは同族の山県氏の庶家。
  18. 土岐氏流蜂屋氏の庶家。山県氏一門も存在する(下記参照)。
  19. 19.0 19.1 美濃原氏の庶家。
  20. 陸奥国会津郡高田郷(現在の福島県大沼郡会津美里町高田大字)の国人である舟木輝景(道光入道)・景光(兵部少輔、碓井姓三浦氏一門の蘆名氏の当主の蘆名盛舜の女婿)の父子の子である秀光(随風/南光坊天海)は、この系統という(『大僧正天海』(須藤光暉/富山房/1916年)より)。
  21. 明智氏一門。美濃国不破郡岩手郷(現在の岐阜県不破郡垂井町岩手大字)を拠点とした。
  22. 22.0 22.1 明智氏の庶家。
  23. 美濃国土岐郡妻木郷(現在の岐阜県土岐市妻木町)を拠点とした。もともと、妻木氏は明智氏の庶家ではなく、土岐光定の庶子の系統であった。
  24. 山県氏一門の不破頼胤(原頼忠の弟)も存在した。
  25. 大桑氏出身の土岐成頼の子の定頼・定親父子が、美濃国山県郡大桑郷(現在の岐阜県山県市大桑大字)を拠点としたことからはじまる。定親の子の政親(和慶(かずのり)の父)・長親兄弟を経て、政親の子の政秀の代に嗣子がなく、断絶した。
  26. 大桑氏の庶家。
  27. もともと、山城国乙訓郡西岡郷松浪村(現在の京都府乙訓郡大山崎町松浪大字)の油商人出身である松浪の新左衛門(法蓮房)の子である庄五郎(庄九郎とも)。後に西村勘九郎→斎藤新九郎利政→斎藤秀龍と、改名した(道三は藤原北家真夏流日野家庶流の烏丸家一門の松波家(裏松家)の当主である松波基宗の子と偽称した)。
  28. 一時的に母方の菅沼藤蔵とも称した。
  29. 摂津源氏師光流で、摂津国西成郡福島荘(現在の大阪府大阪市福島区周辺)を拠点とした。
  30. 美濃国池田郡小島郷(現在の岐阜県揖斐郡揖斐川町小島大字)を拠点とした。
  31. 美濃国方県郡(稲葉郡)彦坂郷(現在の岐阜県岐阜市彦坂大字)を拠点とした。
  32. 美濃国大野郡福島郷(現在の岐阜県本巣市福島大字)を拠点とした。
  33. 現在の京都府京都市中京区石橋町
  34. 袋田定義の子。
  35. 光家(舜方入道)の子、正直の父。

関連項目[]

Advertisement