日本通信百科事典
Advertisement

若槻定氏の肖像

若槻 定氏(わかつき さだうじ、生没年不詳)は、鎌倉時代前期から中期にかけての武将。別名は頼仲、通称は五郎次郎信濃森氏信濃源氏)一門の若槻氏の当主の若槻頼定の子、義泰の弟、頼泰朝氏・泰朝・義定頼明信義義通[1]の兄、頼氏の父。

概要[]

長兄の義泰が早世し、嗣子がなかったために、父の後を継いだ。朝廷や北条得宗家に仕えて、北白河蔵人をつとめた。

同時に祖父の頼隆の代から、姻戚関係があった丹姓平氏千葉氏房総平氏)の歴代当主とも昵懇の仲であったという。

彼の系統は若槻氏惣領家として、戦国時代まで存続して、遠縁筋の頼清流信濃村上氏の家老であった清尚や、遠縁筋の足利将軍家の奉公衆である式部大輔の義里(定氏の12世の孫)などを輩出した。

江戸時代後期の儒学者の若槻幾斎(森義敬/義誠)[2]は、前述の義里・義俊父子の女系の後裔といわれる。

後世に碓井姓鎌倉氏流相模長江氏一門の美濃長屋氏の庶家の美濃森氏などは、定氏の後裔と仮冒した。

脚注[]

  1. 義宗(笠合冠者)の父。
  2. 森義敏の子。通称は元三郎/源三郎/玄三郎。

関連項目[]

先代:
若槻頼定
若槻氏第3代当主
? - ?
次代:
若槻頼氏
Advertisement