日本通信百科事典
Advertisement

藤原氏(ふじわらし)とは、日本の氏族。約3系統が存在する。

  1. 藤原氏 (中臣氏)中臣姓鎌足鎌子)を祖とする氏族。皇室とは代々が縁戚関係を結んで、とくに藤原北家が外戚として勢力を振るった。藤原南家も含めて、多くの後裔が繁栄し、公家貴族が大部分であるが、武家貴族としての系統も多く存在した。
  2. 藤原氏 (紀氏)肥後国の豪族で、紀姓一門である「藤原氏」を冠とした肥後菊池氏(鞠智氏/久々知氏)の惣領家。同族は肥前高木氏[1]、庶家は肥後城氏肥後森氏をはじめ、薩摩平氏(鎮西平氏)・薩摩西郷氏などがある。
  3. 藤原氏 (中原氏)物部姓十市氏流中原氏一門で、安芸国の厳島神社を神官・豪族として、厳島神主家と称した。戦国時代に多々良姓(東トルコ系?)周防大内氏に滅ぼされた。足利義満の正室の慶子[2]はこの系統という。

脚注[]

  1. 庶家は肥前草野氏(吉木氏)・於保氏・龍造寺氏などがある。
  2. 三宝院の坊官・安芸法眼の娘。

関連項目[]

  • 紀氏
  • 菊池氏(鞠智氏/久々知氏)
Advertisement