日本通信百科事典
Advertisement

藤原維経(家清)の肖像


藤原 維経家清(ふじわら の これつね/いえきよ、寛治4年(1090年)前後[1] - 大治5年6月8日(1130年7月14日))は、平安時代後期の武将である。

藤原北家秀郷流奥州藤原氏の一門で、父は初代当主・藤原清衡、生母は白河国造(石城国造)の系統の白河維常の娘とされており、異母弟に第2代当主である基衡・正衡・清綱ら、子に維衡・杉目清信[2]石川光経奥州石川氏の祖。有宜・光衡の父)がいる。

陸奥国白川郡石川郷[3]を間接的に統治した大和源氏頼親流一門の摂津福原氏の当主の福原光義の娘を娶り、父の死後は第2代当主の座を巡って、異母弟の基衡と争うが敗死した。

「小舘」の意味[]

彼は、別名の小舘維経の名で知られている。維常は有力豪族の後継ぎを意味する「小舘」と称されて、後継者と目されていた可能性がある。当時、有力豪族の長子は親元を離れて、独立した屋敷を構えるという慣習があった。その屋敷は「小舘」と呼ばれて、その屋敷の主も尊称の意味で「小舘」と呼ばれていた。

それに対して異母弟の基衡は「御曹司」と称されて、父・清衡と同じ屋敷に住んでいたといわれている。今でこそ、「御曹司」という言葉は跡取りの意味合いが強いが、当時は「そこに住まう人」や「居候」という意味であった。後の源義経も「そこに住まう人」や「居候」という意味で「御曹司」と称されている。この観点からいえば、奥州藤原氏の正当な家督相続者は維経であり、基衡は簒奪者とされた。

異母弟・基衡との争乱と最期[]

源師時(村上源氏)の日記『長秋記』よると、清衡の死後の大治4年(1129年)に、維経は異母弟・基衡との争乱が記録されている。それによると、基衡は維経の「国舘」(国衙)を攻めて、異母弟の圧迫に耐えかねた維経は逃亡して小舟に乗って息子たちを含めて、二十余人を引き連れて脱出して、越後国の下越地方に落ち延びた。まもなく維経は基衡と対立する他の弟とともに反撃に出ようとするが、基衡は陸路軍兵を差し向けて、逆風を受けて小舟が出発地に押し戻された維経父子を捕虜にして、維経は長子の維衡らとともにその場で処刑されたという。大治5年(1130年)6月8日のことであった。

この争乱の詳細は上記の『長秋記』が記すのみで、基衡を中心とする平泉側(奥州藤原氏側)からの記録は発見されていない。当時、この内乱の記録があったとしても、維経の敗死後に、家督争いに勝利した基衡の時代となったため、意図的に記録が抹殺されたと考えられる。この内乱の背景には基衡自身の野心もあったと推測されるが、第一に考えられていることは、白河国造の系統の白河維常の娘を生母に持つ維経を擁立する勢力と出羽清原氏または安部氏の娘を生母に持つ基衡を擁立する勢力との小競り合いがあったということである。しかし、基衡を頂点とした平泉を中心地に選んだことで、陸奥国の経済力が出羽国の経済力を上回るようになったことが、維経が敗北した一因と思われる。また、当時は長子相続が絶対の時代ではなかったため、このような事態は平然と起こり得ることで、郎党たちにとって、独立した屋敷を構えていた維経よりも父・清衡とともに住んでいた基衡のほうにつくのが有利であったと総意的な判断をしたとされる。

その死後[]

基衡はこの1年余に渡る家督争いに勝利して、奥州藤原氏の当主となる。なお、父・清衡の元妻が清衡の死後に上洛して、検非違使・源義成と再婚して、所々へ追従して、珍宝を捧げて清衡の二子の家督争いを上奏して朝廷の不興を買っている。この女性は基衡と反目して、後継者争いに関わって平泉を追われたのではないかと推測される。

内乱の意義[]

前述した通り、維経と基衡が衝突したこの内乱の大きな要因は、白河国造の系統の白河維常の娘を生母に持つ維経を擁立する勢力と、清原氏または安部氏の娘を生母に持つ基衡を擁立する勢力との小競り合いがあったということである。維経と基衡兄弟をそれぞれ擁立した各郎党たちは独立性が非常に強かったこともそれに影響を与えたと考えられる。

この経緯から、基衡は奥州藤原氏当主の権力強化・確立とそれによる郎党たちの統制に乗り出すことになる。この基衡の努力は、基衡が急死したときに嫡男・秀衡が父の後を継いだが、この際、基衡の家督継承権の内乱は記録されておらず、秀衡への家督継承は円滑に行なわれており、奥州藤原氏当主の権力強化・確立と家臣団の統制に成功したと考えられる。また、この成功の過程で基衡を支えたのは、有力郎党である佐藤基治とその息子の継信・忠信兄弟を輩出した信夫佐藤家一門であった。

その末裔[]

維経は長子の維衡とともに処刑されたが、次子の杉目清信・末子の石川光経は幼少であったために、助命された。後に清信は子の行清・弘清とともに、惣領家の奥州藤原氏の当主の秀衡(清信の従弟)・泰衡父子に従った。行清の子の宗清は、源頼朝の奥州遠征の際に泰衡の命で頼朝の軍勢を迎え撃って、戦死を遂げた(『奥州の戦い』)。

末子の光経は、外祖父の福原光義の庇護を受けて成長して、外伯父である義季の娘を娶り、陸奥国白川郡石川郷の代官となり直接的統治して、奥州石川氏の祖となった。上記の頼朝の奥州遠征の際には子の有宜・光衡とともに外従子の広季(義季の孫、基光の子)に従って、惣領家の奥州藤原氏を攻め滅ぼした。

脚注[]

  1. 生年については諸説あり、寛治4年(1090年)前後の場合は40歳前後であり、大治3年(1128年)の場合は36歳から37歳との推測もある。または、寛治6年(1092年)から翌寛治7年(1093年)に生まれたともされる。すぐ下の弟で異母弟でもある基衡との年齢差は10歳程度とされており、基衡は1100年前後の生まれとされるため、そこからの逆算である。
  2. 行清・弘清の父。
  3. 現在の福島県石川郡古殿町

関連項目[]

Advertisement