日本通信百科事典
Advertisement

足利 頼氏(あしかが よりうじ)とは、陽成源氏河内源氏)流足利氏下野源氏)一門の武将。約5名ほど存在する。

  1. 桃井頼氏桃井義助の孫、義胤の子、頼直・光胤の兄。
  2. 足利頼氏 (上総国守護) : 初名は利氏。足利泰氏と北条時氏(北条得宗家一門)の娘との間の子、斯波家氏渋川義顕兼氏)の異母弟、一色頼深(よりとお、公深阿闍梨)・上野義弁(よしあり)[1]・伊豆密厳院別当覚海/覚玄・小俣賢頼(賢宝法印)[2]・顕実/賢実法印・賢弁法印・氏継[3]加古基氏の異母兄、家時義忠/義忍禅師)の父。
  3. 喜連川頼氏 : 幼名は龍王丸。小弓公方の小弓頼純(喜連川頼淳)の子、国朝の弟、義親の父。正室は族女の氏姫(徳源院)[4]。嗣子がなかった兄の後を継いだ。
  4. 細川頼氏細川政氏の子、経氏[5]の弟。惣領家の足利直義高国)の命で、遠縁筋の美濃国守護の土岐頼遠を処刑した。
  5. 天童頼氏大崎家兼の7世の孫、最上兼頼の6世の孫、直家の玄孫、天童頼直の曾孫、頼泰[6]の孫、頼基の子、頼繁・頼尚の祖父、頼道(頼尚の子)の曾祖父、頼長頼貞の高祖父、頼澄・東根頼景の6世の祖。

脚注[]

  1. 頼遠(頼勝)・貞遠の父。
  2. 頼助(頼宝法印)・尊宝(僧侶)・仲義・覚宝(僧侶)・氏義の父。
  3. 兼氏の父、重氏の祖父、俊氏の曾祖父。
  4. 又従兄である古河足利家(古河公方)の当主の足利義氏の娘で、亡兄の国朝の正室であった。
  5. 泰経の父、仲泰の祖父。
  6. 頼勝の弟、上山満長・東根頼高・鷹巣頼種の兄。

関連項目[]

Advertisement