日本通信百科事典
Advertisement

足利 高氏(あしかが たかうじ)とは、陽成源氏河内源氏)流の足利氏下野源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

  1. 足利尊氏 : 初名は高氏。足利氏の棟梁の足利貞氏の子、高義の異母弟、直義高国/忠義)の同母兄、源淋(田摩御坊)[1]の異母兄、邦氏(竹若丸)・直冬・義詮基氏・鶴姫の父。室町幕府の初代将軍。
  2. 足利高基 : 初名は義基/高氏。上記の尊氏流基氏の後裔で、古河足利家(古河公方)足利政氏の子、小弓義明・基頼・実頼(貞巌昌永)の兄、晴氏[2]・高実・時氏(雲岳周陽)・宮原晴直(上杉憲寛/憲広)[3]・晴泰(大内五郎)[4]の父。
  3. 足利治氏 : 別称は高氏、幼名は茶々丸。堀越公方の足利義知(政知)の孫、義綱政綱)の子。

脚注[]

  1. 高義の子とする説もある。
  2. 藤氏・義氏・藤政・輝氏・家国の父、氏姫(徳源院)・秋氏(梅千代王丸)姉弟(義氏の子)の祖父。
  3. 上総宮原氏こと源姓宮原氏上総源氏)の祖。
  4. 泰秀(細萱太郎)の父、大内足利家武蔵源氏)の祖となった。

関連項目[]

Advertisement