日本通信百科事典
Advertisement

源姓里見氏の家紋(二つ引き両)

里見氏(さとみし)は、陽成源氏河内源氏)流新田氏上野源氏)の庶宗家。上野里見氏とも呼ばれる。

上野国新田郡竹林郷(高林郷)[1]のほかに、北部にある同国碓氷郡里見郷[2]にも領地を持っていたために、上野竹林氏高林氏)とも呼ばれた。

庶家に上野田中氏・中里見氏・上野大島氏[3]鳥山氏・美濃里見氏(竹林氏/高林氏)・豊岡氏(豊前氏)[4]上野太田氏・牛沢氏・上野山本氏・仁田山氏・常陸小原氏[5]・上野堀内氏などがあった。

概要[]

新田義重の庶長子の里見義俊を祖とする。上野国北西部の榛名山付近を拠点として、その一門の中には越後国まで勢力を拡大した。

鎌倉時代の1180年に義俊の長子の義成は外甥の山名義範矢田義清の庶長子)とともに源家源姓鎌倉氏)の鎌倉頼朝のもとに馳せ参じて、ともに御家人に列せられ、重用された。頼朝の死後も、その子の頼家実朝兄弟に仕えて将軍に近侍して、異母弟の義兼流である新田氏惣領家を凌ぐ存在となった。

義成の末子の竹林(高林)義直は、北条得宗家に仕えて、1221年の『承久の乱』の乱で戦功を挙げて、美濃国の一部を与えられて、美濃里見氏こと美濃竹林氏/高林氏(美濃源氏)の祖となった[6]

南北朝時代になると、義俊の6世の孫にあたる義胤は、惣領家の新田義貞に従って、『鎌倉攻め』に義貞の左腕として活躍して、北条得宗家を滅ぼした功で、後醍醐天皇から伊賀守に、さらに越後国守護にも任命された。

1338年に義貞が越前国藤島の灯明寺畷で戦死を遂げると、義胤は同族の足利尊氏高氏)に徹底的に抗戦するも、義胤の族弟である美濃里見氏の当主の竹林(高林)義宗(義直の6世の孫)は、尊氏の同母弟である足利直義高国)に従ったが、『観応の擾乱』で直義が兄に敗北したために、義宗は所領を失い、子の為俊(掃部頭)とともに没落した。以降の美濃里見氏の動向は不詳である。

室町時代になると、義胤の孫の基義は、鎌倉公方の足利満兼(尊氏の曾孫)に召しだされて、常陸国に所領を得て、遠縁筋の常陸国守護の源姓佐竹氏常陸源氏)の家老となった。基義の子の家基の代に、源姓佐竹氏の最後の当主の佐竹義盛配下の武将として、『結城の戦い』で、結城氏朝・持朝父子を頼って、ともに足利公方家(鎌倉足利家)足利持氏(満兼の子)に従いたために、足利将軍家足利義教の命を受けた関東管領の上杉憲実に抗戦するも、ついに敗北して、自邸で子の家氏とともに火を放って自刃を遂げた。こうして、源姓里見氏はついに滅亡した[7]

備考[]

その一方、安房里見氏の祖である里見義実[8]は、家基の遺児[9]とする説があるが、これは後世の仮冒といわれており、安房国の土豪である海保氏[10]が「里見氏」と自称した可能性があるといわれている[11][12]

歴代当主[]

  1. 里見義俊新田義兼世良田義光世良田義季得川義秀)・合土義澄額戸経義)・義佐(義任)庄田義盛義益)の兄。
  2. 里見義成田中義清・中里見義雅(政氏[13]の兄。
  3. 里見義基大島義継鳥山時成豊岡義行[14]竹林(高林)義直美濃里見氏の祖)の兄。
  4. 里見義秀氏義[15]の弟、牛沢重基[16]太田義宗[17]の兄。
  5. 里見忠義(基秀) : 時秀・義綱義氏の兄。
  6. 里見義胤 : 時継(秀氏)・義貞の兄。
  7. 里見義連義宣の兄。
  8. 里見基義 : 山本胤幸・仁田山氏連[18]家連(貞連)の兄。
  9. 里見家兼 : 基宗・小原満俊[19][5]・海保堯常[8]室の兄。
  10. 里見家基 : 満行・堀内満氏家成[20]の兄。
  11. 里見家氏 : 断絶。

脚注[]

  1. 現在の群馬県太田市高林寿町・北町・東町・西町・南町の周辺
  2. 現在の群馬県高崎市上里見町・中里見町・下里見町
  3. 庶家は大井田氏(庶家は越後大岡氏・越後羽田氏などの越後源氏)・上野篠原氏・上野糸井氏など。
  4. 上野国碓氷郡八幡郷豊岡村(現在の群馬県高崎市上豊岡町)を拠点とした。
  5. 5.0 5.1 常陸国茨城郡小原郷(現在の茨城県笠間市小原大字)を拠点とした。
  6. 『尊卑分脈』
  7. 義胤の孫の仁田山氏連(義連の第3子)の系統は、戦国時代榛名里見家の祖となったと伝わる(『上野国志』仁田山旧塁条)。
  8. 8.0 8.1 海保堯常の子で、海保氏義の兄。前名は海保常実であり、源頼朝に誅殺された上総広常・能常父子の後裔とされ、その生母が里見基義の娘で、家兼の外甥で、家基の外従弟で、家氏の外従父にあたるため、家基・家氏父子が戦死を遂げると、上野里見氏の後継者と自称した説もある。
  9. 美濃里見氏の系統とする異説もある。
  10. 古代の上海上国造(上菟上国造)、あるいは坂東八氏上総氏の系統といといわれる。
  11. 『古代氏族系譜集成』(宝賀寿男/古代氏族研究会/1986年)による。
  12. 他説には、1193年9月(建久4年8月)に義俊が、安房国守護となり、以降から里見氏は同国平郡(平群郡)を拠点としたことを肖(あやか)ったともいわれている(『姓氏』(著者:丹羽基二・監修:樋口清之/秋田書店/1970年)366頁が引用する『安房志』(1908年刊行)および、『房総里見氏』「房総里見氏論 - 研究史の整理を中心に - 」(滝川恒昭/戎光祥出版社/2014年)より)。
  13. 家貞の父。
  14. 行成の父。
  15. 重氏・重義・盛氏の父、重周(重氏の子)の祖父、義高の曾祖父、重高の高祖父、重益の6世の祖。
  16. 重宗の父、基宗・重幸の祖父。
  17. 重家・重国の父。
  18. 成義の父、時連の祖父、国義の曾祖父、宗連(家連)の高祖父、宗義・義宗の6世の祖。
  19. 持家の父、氏兼の祖父、政兼の曾祖父。
  20. 義重義繁)の父、義政の祖父、義貞の曾祖父、義時の高祖父、政成の6世の祖。

関連項目[]

Advertisement