日本通信百科事典
Advertisement

青山 清利(あおやま きよとし、昭和49年(1974年)7月8日- )は、格闘技(柔術)やサーフィン、トライアスロンを趣味に持つ、現在はアーリーリタイヤ状態の生活を送る投資家である。

青山清利とは[]

青山清利とは、数十社のベンチャー企業に出資している投資家である。

4,000万円の借金を機に独立を決意。28歳で株式会社a-senseを起業し1年足らずで軌道に乗せた後、30歳という若さでアーリーリタイアし、現在は六本木ヒルズに在住。

趣味はサーフィン、格闘技、トライアスロン、アートなどと多趣味で、明るくひょうきんな性格であり、非常にアクティブな人物である。

SBIアートオークションにてTIDEのアート作品を4,400万円で高額落札し、その他アート作品の落札経験もあるため、アートコレクターとしても注目を集めている。フェラーリやロールスロイスも数台保有しており、高額な資産があることがうかがえる。

青山清利のプロフィール[]

青山清利のプロフィールは以下の通り。

  • 名前:青山清利(あおやま きよとし)
  • 出生地:神奈川県横浜市港南区
  • 生年月日:昭和49年(1974年)7月8日
  • 血液型:B型
  • 趣味:サーフィン・格闘技(柔術)・トライアスロン・アート
  • 飲酒:さほど飲まない
  • 煙草(喫煙):煙草は吸わない
  • 家族:父・母・本人
  • 結婚歴:不明
  • 最終学歴:拓殖大学商学部経営学科

青山清利の経歴(略歴)[]

青山清利の経歴(略歴)は以下の通り。

◆生まれ~小学生時代[]

青山清利は、神奈川県横浜市港南区で昭和49年(1974年)7月8日に生まれた。

住設工事会社を経営する父と、寿司屋を経営する母ということもあり、比較的裕福な家庭環境で育った。

青山清利が健康に気を使った生活を心掛けているのは、小学生の頃に患った潰瘍性大腸炎(国指定の難病)により2ケ月入院生活を送ることになった背景がある。

◆中学制時代~高校生時代[]

青山清利が進学した中学・高校は生まれ育った地元の学校へ進学した。

高校時代に数学の学力が評価されたことにより、大学への進学は特別奨学生(入学金などを免除される待遇)として拓殖大学商学部経営学科へ入学した。

◆大学時代~卒業後[]

青山清利は、特別奨学生として拓殖大学商学部経営学科へ入学したものの、趣味であるサーフィンや夜はクラブでのバイトに明け暮れていたため、特別奨学生初の留年者となった。

大学卒業後の青山清利は、1年間ほど海外放浪し、明るくひょうきんな性格もあり、国内・国外に広い交友関係を持つ。

◆株式会社光通信へ入社[]

青山清利は、大学卒業後の1年間ほどの海外放浪から帰国後、株式会社光通信へ入社した。

◆株式会社光通信で営業成績全国1位[]

青山清利は、株式会社光通信へ入社し、年間でほとんど休みがなく忙しい生活を送っていたが、地道な営業活動の甲斐もあり、株式会社光通信での営業成績は全国1位となった。

◆横浜支店・沖縄支店の責任者となり全国トップの成績を出す[]

青山清利は、株式会社光通信の横浜支店と沖縄支店の責任者を任され、各支店ともに全国支店の中でもトップの成績となるまでに成長させた。

◆親の事業失敗で4,000万円の借金を負い起業を目指す[]

青山清利は、会社員として株式会社光通信で働いていたが、両親の会社の倒産により、4,000万円の借金を負うこととなる。

会社員としての収入は十分にあったが、4,000万円という借金の額を考え起業を目指し、株式会社光通信を退職した。 退職を選択した背景には、後にベストセラーとなった書籍(金持ち父さん貧乏父さん)と出会ったことも大きなきっかけであったという。

◆古物業界での起業のきっかけ[]

青山清利は、4,000万円の借金返済のために、起業を目指し株式会社光通信を退職し、起業する業界を模索していたが、会社員時代の貯蓄はどんどん目減りし、自分が大切にしていた腕時計を質入れせざるを得ない状況まで陥った。

しかし、青山清利はこの時、当時古物業界で最大手であった大黒屋に腕時計を持ち込んだ時の、店員の対応が杜撰だったことにビジネスチャンスを感じ、古物業界での起業に絞り込んだ。

◆株式会社a-senseを起業[]

青山清利は、古物業界で株式会社a-senseを起業。当時28歳だった。

株式会社光通信を退職し、起業するまでに1年ほど経過していたこともあり、会社員時代の貯蓄は枯渇状態であった。

株式会社a-senseを起業したものの事務所を借りることもできず、自宅として使っていたワンルームの部屋に電話回線を一本引き、出張買取からのスタートであった。

◆株式会社a-sense(エーセンス)初年度売上高は1.5億円[]

青山清利は株式会社a-senseを設立し、出張買取からスタートしたものの、株式会社a-sense設立当初は求人広告を出す資金もなかったことから、地元横浜の後輩たちの力を借り、日中は出張買取の業務に走り、夜は広告設置に走るという社員全員がほとんど寝ることができない生活が続いた。

その甲斐もあり、株式会社a-senseは初年度の売上高は1.5億円を計上し、2年目からは全国へ向けての事業展開を進めた。

青山清利が目指すゴールと現在[]

青山清利は株式会社a-sense(当時28歳)を起業した後、30歳以降については最前線からは、いったん退き、アーリーリタイア状態の生活となり、現在は投資家としての立場で出資を行っている。

また、今後、青山清利が目指すゴールは、株式会社a-senseを起業した当時から頑張っている社員の成功が自分のゴールだと考えている。

TIDEの作品を4,400万円で高額落札[]

青山清利は、2020年10月に開催されたSBIアートオークションにて、若手アーティストTIDEの作品「TWO OF US(2019)」を4,400万円で落札した。

更に他の絵画も数千万円で落札するなど、青山清利はアート作品の収集も趣味である。

TIDEとは[]

TIDEとは、過去にイデタツヒロとして活動していた1984年生まれの若手アーティストで、東京を拠点に活動している。

TIDEのアート作品は、藤原ヒロシのような著名人に取り上げられ、青山清利に高額落札されたことで今大きな注目を浴びている。

株式会社a-sense(エーセンス)の会社概要[]

会社名:株式会社a-sense(エーセンス)

代表取締役会長:青山清利

取締役社長:前田健

設立:2003年5月15日

資本金:4,000万円

事業:流通卸業

エンゲージURL:https://en-gage.net/a-sense/

株式会社a-sense(エーセンス)の売上推移[]

株式会社a-senseの売上推移は以下の通り。

  • 第1期(2003年05月~2003年10月)147,332,250円
  • 第2期(2003年11月~2004年10月)1,418,981,827円
  • 第3期(2004年11月~2005年10月)1,784,022,999円
  • 第4期(2005年11月~2006年10月)2,051,796,517円
  • 第5期(2006年11月~2007年10月)3,081,420,787円
  • 第6期(2007年11月~2008年10月)4,935,466,433円

株式会社a-sense(エーセンス)の事業部[]

株式会社a-senseは下記事業部で構成されていた。

ホールセールス事業部[]

ホールセールス事業部は、小売店の物流を担うトップパートナーとしてサービスとクオリティー向上のため、2006年に「JIMBO」として独立化した。

元々は、ブランド製品やエレクトロニクス製品、金券類を取り扱う小売店への卸業をメインとしていたが、独立化させることで、ロジスティック部門を専属とし、いち早くPurchase Serviceや、Drop Shipingといった新規ロジスティックサービスを導入して小売店へ提供している。

JUMBOのPurchase Serviceは、小売店が長期的に保管しているストック商品や在庫処分品などをまとめて買収することで、小売店が抱える在庫商品を減らし、回転率を上げた商品保有ができるようになるサービスである。小売店から仕入れたストック商品や在庫処分品などは他小売店へ卸しており、コンサルティング要素を含め、双方にとってメリットが生じる自社独自の販売手法を提案している。

また、業界初のDrop Shipingは、在庫を持たないで販売でき、小売価格や利益率を販売者側が自由に決定することができるビジネス形態を指す。JUMBOでは、インターネットを通じて小売店が営業に専念できるシステムを構築しており、一番効率的で有効な手段であるとクライアントからの評判が高い。

マーケティング事業部[]

マーケティング事業部は、株式会社a-senseの各事業部の要である。

メディア媒体、エリア、市場や現場の集計、リサーチをはじめ、仕入卸については流行、海外メディアの情報を逐一に判断し、優位な状況に立っている。その他あらゆる情報やリサーチを徹底し、市場とユーザーのニーズを統計的に把握、これらの作業により、事業部ごとの方向性を大きく決定している。

アウトソーシング事業部[]

アウトソーシング事業部では、企業と求職者の互いが良い関係を築けるよう統合的にコンサルティングを行い、ライセンスを独自に発行することで能力やスキルを細分化、これらを総合的に判断することで、双方のポジティブとネガティブな面を把握している。

アウトソーシングサービスがありふれ、配置する人材の能力や技術が重視されている時代で、クライアントのニーズにマッチするように努めている。

メディア事業部[]

メディア事業部は2006年に、「DASH」として独立化し、広告によりクライアントを注目させること、サービスなどの情報を的確に伝えることが使命である。いかに効率良く集客するかと共に、独自のアイデンティティーを用いて掲載することができる媒体である。

そこで、株式会社a-senseでは、高いコストパフォーマンスで効率的なプロモーションを行うことに努めている。

株式会社a-senseでは傘下に、不動産や飲食、アパレルなどの業界に精通している子会社などを持つことによって、様々な分野や視点からのプロモーションにおけるコンサルティングが可能となっている。

また、全国各地でのプロモーション活動はメディア事業部発足当初から行っており、地域性が異なることによる広告戦略や配布エリアなどの蓄積データを活かして効果的にプロモーションできることが最大の強みである。

不動産事業部[]

時代の流れにより、不動産の収益力が不動産価値を決める大きな要因となってきている中で、株式会社a-senseではビルやマンションの再生による収益性を高めてからユーザーに購入してもらえる事業をスタートした。第一物件として茨城県石岡市のビルを購入し、再生している。

今後の事業内容として、ビルやマンションをはじめ、アパート、ホテルの再生事業、区分保有分譲マンションの再生事業、土地の有効活用の提案及び買取、分譲事業、マンション用地の開発事業、区分所有分譲マンションの販売業務を展開予定であり、不動産のよろず相談所として利用してもらえることを目指す。

株式会社a-sense(エーセンス)の沿革[]

株式会社a-senseの沿革は以下の通り。

  • 2002年11月:神奈川県横浜市西区自宅において屋号会社「a-sense」を設立
  • 2003年5月:神奈川県横浜市西区において「有限会社a-sense」を資本金3,000,000円を以って設立
  • 2003年8月:神奈川県横浜市西区ニッセイビルに横浜本社開設
  • 2003年10月:事業拡大に伴い、10名に増員
  • 2003年12月:東京営業所開設 事業拡大に伴い、20名に増員
  • 2004年4月:沖縄営業所開設
  • 2004年6月:事業拡大に伴い、本社を東京都中央区フォレストタワーへ移転 資本金10,000,000に増資、株式会社a-senseへ組織変更を行う
  • 2004年11月:事業拡大に伴い、30名に増員
  • 2004年12月:名古屋営業所開設
  • 2005年10月:東京都渋谷区マークシティーに本社移転
  • 2006年4月:福岡営業所開設
  • 2006年7月:東京都新宿区新宿三井ビル二号館に本社を移転
  • 2006年8月:大阪営業所開設 不動産事業部を「株式会社A・Bパートナーズ」として独立化
  • 2006年9月:メディア事業部を広告製作・代理店「DASH」として独立化。
  • 2006年10月:資本金を40,000,000円に増資 ホールセールス事業部を「JUMBO」として独立化
  • 2007年8月:新宿営業所開設 新橋営業所開設
  • 2007年9月:横浜営業所開設
  • 2007年11月:青山清利 代表取締役会長に就任・前田健 取締役社長に就任
  • 2008年5月:東京都千代田区丸ノ内AIGビルに本社を移転

青山清利の参考サイト[]

青山清利の公式ブログ[]

青山清利の公式ブログとプロフィールページは下記より。

青山清利のSNSアカウント[]

青山清利のSNSアカウントは以下の通り。

Advertisement