日本通信百科事典
Advertisement

鳥山氏の家紋①(大中黒一つ引き)

大井田氏の家紋②(二つ引き両)

鳥山氏(とりやまし)は、新田氏上野源氏)流源姓里見氏一門。上野国新田郡鳥山郷[1]を拠点とした。

概要[]

里見義成の三男の鳥山時成を祖とする。時成は1221年に北条得宗家に従って、『承久の乱』で戦功を挙げて、越後国中魚沼郡波多岐郷[2]を与えられた(越後源氏)。

元弘3年(1333年)に時成の玄孫の義俊義盛・亮氏(すけうじ/あきうじ)兄弟は族父である親家・家次・親政(能祐入道)兄弟とともに惣領家の新田義貞配下の宗家の里見義胤の武将として鎌倉攻めに従い、北条得宗家配下の安藤重保(聖秀入道、新田義顕(義貞の庶長子)の外祖父)の軍勢を、鎌倉の葛西ヶ谷(かさいやつ)で撃破したという。

建武3年/延元元年(1336年)に、義俊は同族の一井義時上野堀口氏一門)と足利氏下野源氏)一門の桃井義繁(義茂)とともに、近江国北部で、北朝方に備えた惣領家の義貞の執事の船田義昌藤原北家秀郷流[3]麾下で、殿軍をつとめた。

弟の義盛の後裔は、江戸時代三河国加茂郡松平郷挙母村[4]にて代官を4代もつとめた。

漫画家の鳥山明はその末裔といわれる。

歴代当主[]

  1. 鳥山時成義基大島義継の弟、豊岡義行竹林(高林)義直の兄。
  2. 鳥山経成 : 親成(義高)・頼成[5]の兄。
  3. 鳥山国成 : 信成[6]・成継の兄。
  4. 鳥山家成

親成系[]

  1. 鳥山親成義高) : 経成の弟、頼成の兄。
  2. 鳥山親清(高親)
  3. 鳥山親家 : 家次・親政(能祐入道)[7]の兄。
  4. 鳥山義顕(親文)義久親氏[8]の弟、鳥山義親(親高)の兄。
  5. 鳥山親義(真氏)義房(親安)[9]の兄。
  6. 鳥山家親
  7. 鳥山家貞
  8. 鳥山親房
  9. 鳥山家直

義俊系[]

  1. 鳥山義俊 : 家成の子、義盛・亮氏(すけうじ/あきうじ)の兄。
  2. 鳥山氏頼
  3. 鳥山経盛(修理亮)[10]
  4. 鳥山時盛[10]
  5. 鳥山時房
  6. 鳥山時久
  7. 鳥山時連(図書)
  8. 鳥山時守
  9. 鳥山時春

義盛系[]

  1. 鳥山義盛[10] : 家成の子、義俊の弟、亮氏の兄。
  2. 鳥山義胤 : 房成[11]の兄。
  3. 鳥山貞成 : 貴成(盛貴)[12]の兄。
  4. 鳥山道成
  5. 鳥山俊成 : 種成・成俊の兄。
  6. 鳥山仲成
  7. 鳥山成貴 : 成忠の弟。
  8. 鳥山成豊
  9. 鳥山継成
  10. 鳥山成経
  11. 鳥山清成
  12. 鳥山宗成
  13. 鳥山重成

脚注[]

  1. 現在の群馬県太田市鳥山町
  2. 現在の新潟県十日町市波多岐大字
  3. 下野国都賀都卒島郷船田村(現在の栃木県小山市卒島地区船田大字)を本貫とした。義親(福島師光国仲)の養子)の10世の孫、昌盛(新田政義の執事)の曾孫、昌綱の子、経昌(長門守)の兄、栗生顕友の父(『上野人物志 』「船田義昌の項」(岡部福蔵/上毛郷土史研究会/1923年-1924年)より)。同時に北条得宗家に仕えた池田親連(中原政連(師連)の子)は姻戚関係にある(『新田足利両家系図』)。
  4. 現在の愛知県豊田市挙母町
  5. 氏宗氏成)の父、宗氏・盛成・成宗(兼宗の父)・成氏・氏盛・氏継の祖父、朝宗・宗義兄弟(宗氏の子)・成朝・成信兄弟(盛成の子)の曾祖父。
  6. 貞興の父。
  7. 政家の父。
  8. 家氏の父。
  9. 親信の父、朝信の祖父、時親の曾祖父、邦親の高祖父。
  10. 10.0 10.1 10.2 義盛の諱を兄の義俊系の通字として、逆使用されたと思われる。
  11. 貞直の父。
  12. 成親の父。

関連項目[]

  • 鳥山明
Advertisement