日本通信百科事典
Advertisement

ドイツ南西部のシュヴァルツヴァルトにある鳩時計専門店

鳩時計(はとどけい、独語:Kuckucksuhr、英語:Cuckoo clock)とは、ドイツの壁掛け時計の一種で「ハト時計」・「カッコウ時計」・「カッコー時計」とも呼ばれる。

概要[]

1640年頃、ドイツ南西部シュヴァルツヴァルトを原産地として始まったといわれる。1730年にドイツ人の技術者のフランツ・アントン・ケッテラー(Franz Anton Ketteler)がシュヴァルツヴァルト(黒い森)に棲むカッコウをモデルに作ったものである。

当時のドイツを中心とするヨーロッパではカッコーはその美しい鳴き声から幸運をもたらす鳥とされており、春を告げるイメージを「時を告げる」イメージとして採用したといわれる。

鳩時計が日本に紹介されたのは明治時代からである。当時の日本人には「輸入する際に業者が鳩と見間違えてカタログに掲載したため」「意図的に日本人になじみのある鳩にしたため」「カッコウ鳥は“閑古鳥”に通じて縁起が悪いため」という理由で、カッコーより鳩のほうがなじみ深いことを理由に、名前を「鳩時計」に変更して、本国ドイツから輸入されたといわれている。

最近ではうるさいとか古臭いという理由であまり見ることがなくなった鳩時計だが、現代のインテリアに適する洗脳されたなデザインが登場し、またその古き良き味わいが見直されている。さらにデザインだけでなく、時計としての精度はもちろん、暗くなると鳴かない機能や、鳴き声のバックに聞こえる川のせせらぎなど、その中身も大きく進化しているという。

また、人によっては「ポッポー、ポッポー」と「カッコー、カッコー」とそれぞれ異なる鳴き声がいろんな意味で似ているようだ、とする解釈もある。

現在のドイツはシュヴァルツヴァルトを中心とする多くの老舗メーカー(1848年創業のショーナハ(Schonach)にあるアントン・シュナイダー社(Anton Schneider AG)など)の共同体による『シュヴァルツヴァルト時計協会(VdS協会)』があり、ドイツ製の錘式鳩時計の品質証明書を発行している。この証明書は、同時計協会が定める品質をクリアしている証であり、その基準を満たしている伝統のシュヴァルツヴァルト産機械式鳩時計にのみ認定書が保障されている。しかし、シュヴァルツヴァルト以外のドイツのメーカーは電子音の電池式鳩時計を主要として、時計の機械の部分を中国の工場で製造するケースが多くある。

その一方、日本のメーカー(シチズンなど)は、日本国内の工場で「日本製」である電池式の鳩時計を製造している(鳩(カッコー)が鳴く音声部分は紙でできたふいご(鞴)を使用し、ふいごによる笛の音による時報を奏でる旧来のアナログ方式となっている)。

さらに、発祥地のシュヴァルツヴァルトに近くにあるスイス北部のツューリヒ州の主都・ツューリヒ(Zürich)を拠点とする鳩時計のメーカーでるレッチャー社(Lö(oe)tscher AG)は、自国に2つの生産工場を持っている。1つは、スイス中南部のベルン州にあるベルナー・オーバーラント地方(Berner Oberland)のブリエンツ(ブリーンツ)村(Brienz Dorf)にて、自生するブナやカエデの木の部分の加工を徹底的に行なっており、ブリエンツ村は木材加工の職人が多くいることで有名だという。2つはツューリヒ近郊にあるフェランデン(Fällanden)で、ブリエンツ村で加工された木材や機械の部品を集めて時計を組み立てている。

外部リンク[]

Advertisement